中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
「生体臓器摘出」うわさの裏にある真相
    法輪功は「生体臓器摘出」うわさを如何に捏造したのか
2015-02-09  Kaiwind.com  筆者:    

「生体臓器摘出」うわさの元――「蘇家屯収容所事件」:http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201501/26/t20150126_2283777.htm 

「生体臓器摘出」うわさの重要な担体――二人デイビッド氏の「調査報告」:http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302674.htm 

「生体臓器摘出」うわさの内容はhttp://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302691.htm  

五、「生体臓器摘出」うわさの裏にある真相

(一)中国臓器移植の現状

200751、中国「人体臓器移植条例」を正式的に実施した。その後の6年間、関連部門は30数部関連法令を発布し、臓器移植の発展を推進した。了解によると、中国の臓器の提供には主に三つのルートがある:司法ルート、つまり死刑犯がドナーになる;患者の家族はドナーになる;一般人はドナーになる。近年、一番のルートから提供された臓器は減り続ける一方であり、「無損害」という倫理原則に違反したため、主には三番目ルートから提供されている。 

中国は世界二番目の大きい臓器移植国になるにもかかわらず、ドナーとレシピエントの数のさはあんまりにも大きい。毎年、臓器衰弱の患者は30万例ぐらいいるのに、8000人しか臓器移植ができない。 

臓器の獲得を取引にならないように、国際ルールに従い、2010年に中国は第三者組織が参加するかつ管理する臓器ドナー体制を立てた。「中国人体臓器分配と共有基本原則と肝臓腎臓移植の核心政策」を発布した。政策をベースとして、人体臓器の分配と共有システムを開発した。この非営利組織の第三者は中国人体臓器提供管理中心、元衛生部は中国赤十字に、この面の作業を担当するように委任した。 

20127月、中国人体臓器提供管理センターは正式的に設立させた。このセンターは中国赤十字総会に直接に属し、メインな役割は全国人体臓器提供をめぐった宣伝、登録、提供証明、公平分配、救済激励、記念追懐と情報サイトなどの関連作業をすることである。 

20138月までに、全国では、25ヵ省(自治区、直轄市)に中国人体臓器提供管理センターあるいは事務所を設立させた。各地のセンターと事務所はそれぞれの臓器コーディネーターチームを組ませ、潜在臓器ドナーの情報を収集し、各地のセンターあるいは事務所へ報告する。同時に、中国国家衛生計生委員会は北京協和病院、中日友好病院など165箇所人体臓器移植項目が許可された病院リストを公開した。 

20139月、人体臓器の分配と共有システムは正式的に稼動した。臓器提供が科学的に、規範的に、公開的に、公正的に分配できるため、臓器提供と移植作業が透明的に、公開的に、提供ルートを求められるように確保するため、中国国家衛生計生委員会は人体臓器の入手と分配管理の暫定規定を発布した。165箇所臓器移植資格のある病院は中国人体臓器分配と共有システムを通じて、自動的に臓器を分配している。[1] 

2010年モデル作業から201310月末ごろまで、全国では公民が自らの意思で、なくなった後臓器提供1161例を提供し、大きいな臓器を3175個提供した。[2] 

(二)中国政府の対応 

法輪功は「蘇家屯収容所事件」を捏造してから、中国政府はさまざまな場所で多様な方式で法輪功が言った「生体臓器摘出」の告発について厳正に反駁した 

2006329、中国外交部代弁者秦剛はいわゆる蘇家屯告発について反駁し、中国と海外のメディアと個人を蘇家屯区に誘い、実際見学をアレンジした。秦剛は強調した「(蘇家屯事件は)…うそであり、わざと捏造したもので、中国の司法制度に悪く中傷し、世間をだました。」[3] 

44、中国外交部代弁者劉建超はAP社記者の質問を答えたとき、法輪功のいわゆる迫害されているといううわさを反駁した。劉建超は強調した:「法輪功非法組織はさまざまな場所でうわさを拡散しています。このうわさは時間長く広げました。皆さんはよくうわさの内容を分析すると、このうわさは非常におかしく、事実の根拠はまったくないと認識するはずです。われわれは関連国家と人は法輪功の陰謀を見抜いてほしいです。法輪功は中国政府が法律に従い取り上げた邪教組織で、この数年間は国際社会でさまざまな手段で中国人民の正常生活を乱そうとしており、中国人民の体の健康を損なっています。」[4] 

 

2006412、国務院新聞弁公室は記者会見を行い、「六千人収容所」うわさの真相をはっきりさせた 

2006412、中国国務院新聞弁公室は記者会見をおこなった。会見では、遼寧省蘇家屯区政府と遼寧省血栓病漢方西洋医学結合医療センター担当者は出席し、法輪功を反駁した。米国のAP社、CNN社、ワシントンポスト新聞、イギリスロイター、日本朝日新聞、シンガポールの聯合早報、香港のフェニックステレビ、新華社、中新社、中国日報、中国国際放送局など11軒国内外の主流メディアの記者は記者会見に参加した。蘇家屯区の副区長鄭濱と血栓病病院副院長張玉琴はそれぞれ記者たちに蘇家屯と血栓病病院の状況を紹介した。張玉琴は強調した:遼寧省血栓病漢方西洋医学結合医療センターは国内外で比較的に有名な血管血栓病専門病院で、ベッドは300個しか持っていない。六千人を住むことはありえない。うわさに言われた地下室、火葬炉などはまったくない。臓器移植手術をおこなう条件と資格も持っていない。いわゆる「収容所」説はでっち上げの罪名で、「臓器移植」に関連する内容は完全にでたらめな話である。[5] 

 

2006331、日本NHK記者は蘇家屯血栓病病院で取材 

20131212日、ヨーロッパ議会はいわゆる「中国政府は法輪功信徒の臓器を摘出」決議を通過した。それに対し、中国駐ヨーロッパ団体代弁者蒋小燕は記者の質問を答えたとき、いわゆる「中国政府は法輪功信徒の臓器を摘出」説は完全に法輪功が捏造したうわさである。自分が責任を持っていえるが、臓器が摘出され、売買された法輪功信徒は一人もいない。逆に、法輪功こそ、屁理屈を作り上げ、精神制御をかけたため、たくさんの法輪功に溺れた人々が自分を傷害したり、自殺したりしていると言った。蒋小燕は法輪功が正真正銘の邪教組織である、反中政治組織でもある。ヨーロッパはそのうわさにだまされないでほしく、うわさを広げる舞台を提供しないでほしいと言った。[6]  


[1] 「ニュースバックグランド わが国人体臓器移植の現状」新華サイト、201389 

[2] 2013年中国臓器移植大会は広州で開幕」浙江省人民政府、2013113 

[3] 「中国外交部代弁者秦剛 中国は死刑犯から臓器を摘出し移植することを存在するのを否定」自由アジア放送局、2006329 

[4] 「外交部は去年日本と関わるデモおよび法輪功はうわさを拡散することについての回答」、Sinaサイト、200644 

[5] 「蘇家屯病院は法輪功からの中傷を反駁」、中新サイト、200659 

[6] 「駐ヨーロッパ連盟使団代弁者:法輪功は反中政治組織」、国際オンライン、20131212  

(つづく)  

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind