中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
外部は「生体臓器摘出」うわさを如何に取り扱うか
    法輪功は「生体臓器摘出」うわさを如何に捏造したのか
2015-02-12  Kaiwind.com  筆者:    

「生体臓器摘出」うわさの元――「蘇家屯収容所事件」:http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201501/26/t20150126_2283777.htm 

「生体臓器摘出」うわさの重要な担体――二人デイビッド氏の「調査報告」:http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302674.htm 

「生体臓器摘出」うわさの内容はhttp://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/02/t20150202_2302691.htm   

「生体臓器摘出」うわさの裏にある真相http://jp.kaiwind.com/hyzx/zzyy/201502/09/t20150209_2321625.htm

六、外部は「生体臓器摘出」うわさを如何に取り扱うか

極わずかな国政府組織と政治家はたくらみあっての目的を持ち、法輪功のいわゆる「生体臓器摘出」と迫害された告発を応援したが、国連残酷刑罰問題特別報告事務所、人権問題非政府組織、およびほかの中国人権状況を注目した国政府と政治家は、実際見学、分析比較など理性的な、客観的な方式で、現地に深く入って取材し、真相を究明した。いままで、ほとんどおおくの国政府組織と政治家および人権団体、専門家学者とメディアは二人のデイビッドの言い方を認めない。本当に遼寧省蘇家屯区に実際おおっぴらに調査したり、密かに訪ねたりした人は、うわさについて客観的に批判している。 

(一)外国政府と政治界の要人 

●米国国務省:大衆病院以外の用途は発見していない

 

20063月、米国外交官は病院に見 

2006322、米国駐瀋陽領事館査証係官David Kombluthは蘇家屯血栓病病院で全面的な見学をした。彼は病院の環境と医療条件を褒めた。[1] 

414、米国駐瀋陽領事館総領事David Kombluth、米国駐中国大使館役員李启森、医者夏皮羅など5人は蘇家屯血栓病病院で3.5時間にかけて詳しく見学した。同日、米国国務院は駐中国大使館と駐瀋陽領事館が蘇家屯について二回の調査結果報告を発表した。報告には、「この場所は、公共病院以外の用途として使われた証拠は見つけられなかった」。[2] 

 

米国国務院代弁者ショーン・イアン・マコーマック(Sean McCormack 

416、米国国務院国際情報局(IIP)サイトは「米国国務院は中国法輪功問題」を発表した:「中国東北地方ある収容所に法輪功学習者が監禁され、臓器が摘出されたという報道について、米国は調査員を実地へ派遣し、上記報道に支持できる証拠は何も見つかっていない。」、「米国駐北京大使館と駐瀋陽領事館のスタッフは二回あの地域と特定さ                                                                                              れた場所に行った。その期限米国の官員は許可をもらって、すべての施設と場所に入った。この場所は正常の大衆病院で稼動している以外、ほかの用途として使われる証拠は見つかっていない。」[3] 

●カナダ政府:デイビッドの報告取材は主に聞きかじりから

201012月、カナダ外交と国際貿易部のある内部書類によると、カナダ連邦政府はキルガー・マタス氏の報告に完全に信用しないことが分かった。この外交と国際貿易部の官員のための非公式評価書類には、キルガー・マタス報告の研究方法と結論を否定した:「調査報告に引用した告発の証拠はほとんど法輪功学習者からである。その中に、多くの資料は他人がほかの人から聞いたものである。キルガー氏にしても、マタス氏にしても、中国に入国禁止された。大部分の材料の元は、主はカナダでの聞いた話と間接証拠である。」[4] 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  オーストラリア政府:これらの告発が真実であることを証明できない

 

Peter Baxte 

2007528、オーストラリア国会参議院外交国防と貿易常務委員会は外交と貿易などの議題に、公聴会を開いた。外交と貿易部北アジア局第一副部長Peter Baxteは:「臓器移植に使われたのは法輪功練習者の臓器という告発について、オーストラリア政府の立場は、われわれはこれらの告発が本当である証拠が見つかっていない…大きいな人権組織の中に、これらの告発が証明できたと判断した組織は一つもない。われわれはあの(ダイビッド氏調査)報告書を詳しく検討した。キルガー氏はオーストラリアにいた間、われわれは彼と面会した。私の言ったとおりに、彼の報告に提供した証拠が関連告発を正面できるのは信じない。」と言った。領事兼公共外交と議会事務局の第一副部長Rod Smithは:「われわれが了解した情報によると、オーストラリア人は中国へ旅行するとき、臓器移植手術を受けることはない」と言った。[5] 

●ニュージーランド国会:法輪功が告発した臓器摘出が存在した証拠はない

2006年、カナダ人デイビッド・キルガーとデイビッド・マタスはいわゆる中国政府が法輪功学習者の臓器を摘出しているという報告を公開した後、ニュージーランド政府はこれについて調査を行い、自分なりの結論も出た。しかし法輪功側は耐えずにさまざまな宣伝手段で説得したり、サインしたり、請願したりしている。 

20131121、ニュージーランド国会の外交、国防と貿易委員会は国会へ報告書を出した。法輪功の請願書に「ニュージーランド公民と永住者が密輸と非法摘出された海外臓器を受けるのは非法だと認めるように国会に要求した。」「本委員会およびニュージーランド政府は法輪功が臓器摘出出張の独立証拠を見つかっていない。この結論はニュージーランドおよび海外での調査をベースにしたものである。」[6] 

●独中委員会主席ヨハネス•プフルック:「生体臓器摘出」うわさの裏は主に法輪功が盛り上がっている

 

独中委員会主席ヨハネスプフルック 

ヨハネスプフルック(Johannes Pflug、ドイツ連邦議員外交委員会メンバー、社民党籍、政策研究はアジアを重心にした。2005年から連邦議院独中委員会主席を担当した。 

2012119ヨハネスプフルッは西南ドイツ放送局の独占取材を受けたとき、中国は政治犯の臓器を摘出するため、死刑を行ったという指摘は根拠のないうわさであるといった。ヨハネスプフルッは「これは証拠のないうわさだ」と表した。数年前、ヨハネスプフルッはこのうわさに対し、ドイツ情報機構組織を通じて関連調査をおこなった。フィードバックは「このような言い方は何回も浮かんできているが、事件が起きたと証明できる証拠はない」。ヨハネスプフルッは強調した:「うわさは主に法輪功が裏で推進している。しかし、根拠はない。」[7] 

(二)人権組織、国際専門学者 

●アムネスティインターナショナル:デイビッド報告書に一部分の電話取材は編集された

20081030、カナダ国家フランス語放送テレビは記録番組「中華街の不安」を放送した。番組の中に、アムネスティ・インターナショナルの代弁者アンナ・サンーマリー(Anne Sainte-Marie)は「われわれは地元の人権主義者と地元の記者と会い、この情報を確認した。そのために数ヶ月間働きました。しかし、最後の結論は、この数字は証明できない」と言った。2009127、カナダ放送局サイトでフランス語チャンネル調査員ドチェナイ氏は記録番組「中華街の不安」についての調査報告を載せた。報告では、アムネスティ・インターナショナルは法輪功から「生体臓器摘出」の告発について、中国で実地調査をおこなった。しかし、彼らさえ法輪功メンバーの臓器が摘出され、売買されたことの信用性を確認できなかった。一部分放送されていない取材には、アンナ・サンーマリーは一部分中国病院でおこなった電話取材は法輪功に編集されたと言った。[8] 

オーストリア反生体臓器ドナー組織:法輪功の「生体摘出」の告発は証明できない

オーストリア反生体臓器提供組織(OrgaNOsはグローバルボランティア組織である。臓器提供の法律を宣伝し、臓器提供の裏側を暴露することに努力している。 

該当組織は法輪功の「生体臓器摘出」告発について、アムネスティ・インターナショナルのオーストリア分会に確認した。2014318日、該当組織のサイトに、アムネスティ・インターナショナルのオーストリア分会からの返事を載せた。返事では法輪功の「生体摘出」告発は証明できないと書いていた。文章には、「相当長い間、こんなうわさが流れている:中国は無実名法輪功メンバーを残忍的に扱い、労働教育所で彼らに対し、残酷な生体臓器摘出をおこなった…オーストリア反生体臓器提供組織はこんなひどい告発は事実であるかどうかを知りたい。そしてわれわれは直接アムネスティ・インターナショナルと連絡した。答えはこの状況は公式的に証明されていないということである。」[9] 

オーストラリア難民上訴裁判所:告発はまた証明されていないし、支持もされていない

2007117、オーストラリア難民審査裁判所(Refugee Review Tribunal)の各国調査科Country Research Sectionはダイビッド報告についてのフィードバックを発表した。フィードバックでは、米国国務院、呉弘達およびほかの国際組織と専門家はデイビッド報告書の正反対態度をリストアップした。報告内容は強調された:「現在、この報告書の告発を証明できる、あるいは否定できる決定的な証拠は見つかっていない…報告が告発した法輪功犯人が殺され、その臓器が強引に摘出された内容について、完全にそれに支持する威望の高い人権批判家がいない。現在報告書の告発は証明されていないし、支持もされていない。」[10] 

●ワシントン「ラオガイ基金会」担当者呉弘達:法輪功は確かに証拠を見せるべきである

呉弘達(Hurry Wu、中国異議人士、ワシントン「ラオガイ研究基金会」担当者、死刑犯の臓器が移植手術に使われたことを証明する作業をずっとしている。中国の労働教育所に19年いた 

 

呉弘達 

2006312から、呉弘達は中国で信頼できる連絡者を手配し、蘇家屯地域を取材した。地元で3週間を滞在した。彼らの調査はすべて生体臓器摘出が行える場所を含まれた。二つの兵営、一つの脳血栓専門病院と孔家山刑務所を含まれた。2006322呉弘達は米国国会部分議員、メディア代表と関係者20数人へ手紙を書いた。2006718呉弘達「私は法輪功マスコミが蘇家屯収容所問題をめぐった報道についての認識と経験」を発表し、「蘇家屯収容所」は存在しないと自分の立場を公開した 

その後、呉弘達はよく海外メディアの取材を受け、法輪功が中国政府の「生体臓器摘出」という告発を質疑した。 

●カナダ歴史学教授王大衛:法輪功は自分の名誉を崩している

王大衛(David Ownby、カナダモントリオール大学歴史学副教授、中国現代史専門家、東アジア研究センター主任、法輪功研究専門家、法輪功に同情する。「法輪功と中国の未来」という本を書いた 

 

王大衛はカナダ国家フランス語放送局番組の取材を受けた 

20081030、カナダ国家フランス語放送局は記録番組「中華街の不安」を放送した。番組の中に、王大衛教授は二人のデイビッド氏の報告書の信用性を評価した:「私は報告書を注意深く読んだ。私の考えでは、デイビッド・キルガー氏が言ったことは、中国で起きる可能性はある。しかし、このような事件は法輪功信徒を目安にしたという証拠と証明は読めない。」[11] 

●米国古参外科医ケネスマトックス:写真は人を騙されられる

ケネスマトックスKenneth Mattox、米国古参外科医、著作物は「トップな切り方 創傷外科の手術テクニックと芸術」と「創傷」などがある。 

20079月、インド外科医ラムボドク(Rambodoc)から法輪功が迫害された写真は本当なのかという問題に答えたとき、マトックスは「写真は人を騙されられる。ある傷と様子は残酷な刑罰によるものですが、ある写真は死体あるいは末期肝硬変、門脈高血圧、末期壊死した乳腺がん、皮膚移植のドナー部分、普通の急性電気性、熱火傷と仙椎床ずれ潰瘍患者から。」[12] 

●ドイツ人体解剖学者グンターフォンハーゲンス:展示された人体には中国からのものが一つもない

グンターフォンハーゲンスGunther von Hagens、ドイツ有名な人体解剖学者である。1978年からハイデルベルク大学に解剖研究を始めた。1993年にハイデルベルク大学の解剖学研究所を創立した。 

 

ドイツ人体解剖学者グンターフォンハーゲンス 

20137月、グンターフォンハーゲンスは記者会見を行った。彼は「人体世界」芸術展を行ったとき、法輪功から「生体臓器摘出」という質疑を正面的に答えた。彼は、展示会に出た人体はドナーの遺体であった。この遺体を提供したドナーは自分が死んだ後、体が公共教育を目的とした健康と解剖に使ってもらいたいと明確的に希望した。「この人体提供プロジェクトは1982年ドイツハイデルベルク生物プラスティネーション研究所が設立されてから、13000人は遺体提供に登録した。その中に、ほとんどはドイツと米国からである。中国からの提供者は一人もいない[13] 

●ウクライナ専門家:「生体臓器摘出」うわさのおかげで、二人のデイビッドは「名誉と利益をともに得た」

フラキミル・ペトホフ氏、ウクライナ人権保護者、最上級心理学者、「家庭と個人を救う」非政府組織の出席である。ワレリ・キバネンカ氏、ウクライナ「異端と社会」社会組織出席、「民主国家の異端と社会」Kultam.netサイトの首脳である 

      

ワレリキバネンカ               フラキミルペトホフ 

20071213フラキミル・ペトホフ氏とワレリ・キバネンカ氏は遼寧省蘇家屯へ実際考察をおこなった。考察した結果は前元米国外交官と中国国内外の記者の結論と完全に一致していた。 

キバネンカ氏は200943日に、この問題について、ウクライナ「民主国家の異端と社会」サイトでコメントを発表した:法輪功の空想家はまず臓器摘出の情報を投げた。その後、事実で証明するではなく、火葬のルールに違反したことに文章を作った。これで間接に証明しようとした…彼ら(二人のデイビッド氏)は自ら費用を出さずに30カ国を旅行できたし、本が出版された後、また30カ国に売りこむ。世界中有名になれるし、百万の利益ももらえる。いわゆる名誉と利益をともに得た。[14] 

●韓国法輪功邪教対策委員会:法輪功は全世界を相手にしてペテン師の茶番を演出している

韓国法輪功邪教対策委員会2009423日に、ソウルで設立した。目的は強い防犯対策を採ることによって、法輪功邪教からの傷害を避け、人間社会の平和と安定を獲得し、真理を守ることである。 

韓国法輪功邪教対策委員会は法輪功が伝播した「人体臓器摘出」について調査を行った。大量な証拠を見つけた。20138月に、そのサイトで10000字ぐらいの調査報告「法輪功が言った生体摘出は下手な国際社会を騙す茶番である」を発表した。報告書は深く分析した後、結論を出した:「法輪功が言った生体臓器摘出が行われた蘇家屯収容所は、実は蘇家屯血栓病病院である。いわゆる生体臓器摘出は完全に法輪功に捏造された茶番で、法輪功は中国のイメージを汚すため作った茶番である。」 

●石炳毅:法輪功が言われた生体臓器摘出論はけっして信用しない

石炳毅、中華医学界臓器移植学分会副主任委員、全国臓器移植教会副主委である 

 

中華医学界臓器移植学分会副主任委員である石炳毅教授 

キルガーとマタスの「調査報告」には、中華医学会臓器移植分会の副主任委員石炳毅教授はキルガーーマタス報告のなかに、唯一証人として全名を挙げた専門家である。調査報告に、いわゆる石教授の話を引用した:「法輪功を迫害してから、2000年から2005年にかけた5年間、約6万例の移植手術がおこなった。」20071月のはじめごろ、BBCは中華医学界臓器移植学分会副主任石炳毅教授を取材した。取材を受けたとき、石教授は声明した:「私はどんな場所にでもこんな話をしていません。この記録は根拠なしです。この二人の作者はこんな話を捏造した目的分かりません。どんな利益に駆動され、彼らにうそを作らせたのも理解できません。」[15] 

(三)主流メディア 

●カナダ「オタワシチズン」:中国「火葬炉」の裏事情を公開

キルガー-マタス報告は完全に法輪功の判断と出張を受け入れた 

報道発表につれて、「苏家屯事件」の真実性を疑うのも増えている。。By the time the report was released, doubts about the veracity of the Sujiatun story were growing. 

キルガー-マタス報告に対する質疑は蘇家屯事件の質疑より超えている。ある米国国会研究機構が書いた報告書では、キルガー-マタス報告の大部分の観念は「新しいあるいは独立的に取った証拠は提出されていない。ほとんどの程度で、ロジック推理を頼っている。」肝心な主張は「ほかの調査発見と相違している」。同時に、電話記録を疑われている。この記録は中国官員が法輪功学習者から臓器を摘出したことを証明した証拠といわれた。Questions about the Matas-Kilgour report went beyond the allegations about Sujiatun. A paper prepared by the U.S. Congressional Research Service concluded that the report for the most part "does not bring forth new or independently-obtained testimony and relies largely upon the making of logical inferences." It also questioned the transcripts of telephone calls, in which Chinese officials are said to admit using Falun Gong organs.研究機構の報告は「一部分の人はそんな明らかな証拠はそんなにたやすく手に入れられないと思っている。この敏感情報は中国政府に制御されているため、電話記録の信用性について質疑がうまれた。」と書かれた。Some argue that such apparent candour would seem unlikely given Chinese government controls over sensitive information, which may raise questions about the credibility of the telephone recordings," the research service paper said. 

共産主義を反対したと声明した中国政府の元政治犯人呉弘達は蘇家屯事件に使われた証拠に疑ったとき、蘇家屯物語はますます信用性が低くなった。呉弘達の組織が調査した結果、これらの証拠は全部「頼れないもの」とわかった。呉弘達はその事件が「わざと捏造した」と思っている。The Sujiatun story lost more air when Harry Wu, a former political prisoner of the Chinese government and outspoken voice against the Communist government, said he doubted the witness accounts upon which the Sujiatun stories relied. His organization investigated and found the witness statements unreliable. He concluded the story may be intentionally fabricated. 

呉弘達氏組織の女性代弁者リサー・ポテソは:「われわれは彼らが描いた場所、数字と事件を証明できる証拠を見つかっていない」と言った。[16] We haven't found any evidence to support the location and the number and events they have described going on," said Lisa Pertoso, of the Laogai Research Foundation. 

キルガー-マタス報告書が発表されて以来、マタス氏は世界中に回って、彼らの観点を宣伝し、中国共産党が法輪功学習者の臓器を生きたまま摘出したことを譴責し、中国が法輪功を虐待することに譴責した。西方記者は型どおりに行う公務のように、キルガー-マタスの発見を事実として繰り返して報道している。 

インタネットでは、中国法輪功学習者が監禁され、いわゆるころされた物語がいっぱいである。このような記事はいつも流動性を持ち、整っていない。主には米国を基地とした、中国から独立した、自己運営、自己の声を代弁した「大紀元時報」によく現れた。しかし、「大紀元時報」は中国共産党に反対することと反法輪功罪業をリストアップすることについてもっと興味があるようである。 

今年8月、キルガー氏とほかの西方政治家と一緒に、中国臓器移植問題で2008年北京オリンピックに拒むことを呼びかけたとき、私はまた法輪功について文章を書いた。 

私は文章の中に、キルガー-マタス報告書の結論はよく拡散されているが、彼らの観点は大衆に受け取っていないと指摘した。中国政府はキルガー-マタス報告書が偽造したものと批判した。米国国会研究サービス機構は報告書について、中立批判立場に立った。報告書の大部分の観点は「新しいあるいは独立的に取った証拠からサポートされていない。大きいな程度でロジック推理に頼っている」この文章のために、私は法輪功学習者から厳しく批判された。 

キルガーは私が前書いた文章について非常に怒った。私たちが通話した20分間前、彼は私を「気持ち悪い記者」と読んだ。私には「脳を持っていない」といわれた。私のことを大虐殺の否定者デイヴィッド・アーヴィングと一緒にした。[17] 

●香港フェニックステレビ:デイビッド調査報告についての調査

(デイビッド調査)報告では、彼らの電話取材は病院100軒以上と関わったといった。その中、調査員M80数軒の病院に電話をしたし、調査員Nは約40軒の病院に電話をしたことがある。われわれは蘇家屯と広西で当事者を取材したとき、こんな電話記録は信用できないと証明された。 

二人のデイビッドの調査報告は大量な間違いだらけの電話取材をベースとして、おかしい推論を出した。この推論は、1999年後、中国臓器移植の数は急に増えた。中国は1999年に法輪功事件が起きた。従い、増えた臓器移植手術ドナーは必ず法輪功学習者体ということである。この推論はロジックで間違っているだけではなく、推論に引用された数字も309病院石炳毅教授の話を編集したものである。 

報告書の全文を読み上げると、二人のデイビッド氏が使った証拠は三つしかない。一つ目は証人の証言、例えばアンニの話、石炳毅の話と改ざんされた電話録音である。二つ目はインタネットからダウンロードした資料である。三つ目は可能、話によると、多分、もしのような言葉が混じる混乱のロジック推理である。例えば、二人調査員は中国が人権状況が比較的に悪い社会から、法輪功学習者の臓器が摘出されたことは存在すべきだと推理した。政府は病院の財務資金を減らすことから、病院は利益をあげるため、法輪功学習者の臓器を摘出することを推理した。しかし、蘇家屯病院広西民族病院および石炳毅教授へ証明を求めたとき、これらの推論自身はロジック性もなければ、推論の前提さえ間違っている。三つの証拠に、信用でき、繰り返して考えと考証に耐えられるものはない。[18] 

●ウクライナ邪教情報サイト:天まで届くクランベリーの下にある法輪功

犯罪証拠は法律では、直接と間接に分けられた。例えば、甲は乙を殺し、凶器に指紋を残した。これは直接犯罪証拠である。間接証拠は、甲と乙の間、仇がある。甲は乙の殺害現場にいない証明はないのようなことである。 

間接証拠は犯罪を証明できなく、犯罪が可能であることしか証明できない。直接証拠をもっと確認する作用もある。従い、間接証拠だけの告発は成立させられない。どんな弁護士でも、間接証拠を完全に崩せる。例えば、弁護士はこんな質問を聞ける。被害者は10人の敵を持っていた。その中に、6人はアリバイがない。6人のなか、犯人はだれだろうか。「間接証拠で、告発は成立させられない」――これは弁護士のもっとも強い反駁言葉である。従い、検査官はよく事情調査と証拠収集の作業をしなければならない。 

もちろん、もし犯人は知識のある人で、凶器に残った指紋を拭いた。証人が見つけられない場合、検査官は現有の証拠に立たなければならない。キルガーとマタスはこれを理由として、「証拠集めの難しさ」という節に書いた:中国は遠いし、入国禁止されたため、犯罪凶器――手術設備と機械は一般病院と差はないため、現有の証拠に頼らなければならない。 

そのため、理論推測は二人の作者がよく使った方法である。「調査報告」の内容には、このような論調はあふれている:「間接証拠は犯罪を証明できないが、間接証拠のない犯罪はありえない。」 

証人は証言を提供した。しかし、法輪功証人の証言は直接の証拠ではないーーここでは証拠の信用性について触れたくないが、唯一つを言いたいのは、証人の証言のなかに、「私は見た」ではなく、「私は聞いた」、「XXから私に言った」しか言ってない。これらは直接証拠とは言えず、間接証拠しかない。 

もし証言は事件発生現場の直接の情報だと証明できないならまだいいが、もっと大きいな漏れ穴は、証人と証人の間、証言はお互いに相違している。証言は臓器移植、外科手術、医学衛生など常識に一致していない。証人は知るべきの常識さえ知らないなら、一般人より、知らないことをよく知っているはずなのか。[19] 

(四)一般ネチズン 

●ラムボドク(Rambodoc),インド外科医 

これはある婦人がスタンガンによる胸に打たれた怖い物語である。そのほか、乳房が電気刑罰をうけ、感染もした写真も数枚がある。外科医とした私はもちろんそれに好奇心が出、リンクにクリックした。わたしはびっくりしたのは、末期乳がんにかかった婦人の写真を目の前に現れた。…ある写真と文字が話した怪我の状況は一致していない。…胸に電気刑罰を受けた写真は明らかに間違っている。私はほかの外科医に鑑定の頼みをしたが、一人さえ騙されていない。…われわれは、これらの例のなかに、偽写真はこれだとはいえる。乳がんの写真例はどんな外科医にとっても、電気刑罰による傷跡ではないことをたやすく認識できる。[20] 

チャールズ•劉,米国有名な華人社団イベント者 

私から見れば、法輪功の行動は自分の事業発展に邪魔したし、中国問題調査の信用性にも損害している。法輪功から生体解剖の告発は人々が理性問題の検討を混じった。例えば、中国社会は尊厳についての道徳、倫理標準と死刑犯の処理方法など。「シンドラーのリスト」みたいなたとえ話をかくことは、中国人権記録を審査する方法ではない。われわれの告発は適切ではないのに、猛烈な訴えしか依頼しないなら、人々はなぜこの件に真剣に目を向くのか。[21] 

●Emma Markham、イギリス科学者 

法輪功は沢山の信徒が逮捕され、残酷な刑罰、死刑と臓器摘出をうけさせたとは言っている。そのためいろんな争いが起きた。これ言い方の多くは本当ではなく、事実の根拠はないと証明された。沢山の言い方の中に、最もしつこいものは、いわゆる生体臓器摘出である…オーストラリア、米国とカナダ政府は調査でこれらの告発が真実であるのを証明できる証拠はないことがわかった。その以外、沢山の警察は残酷な刑罰を乱用している言い方も完全に捏造したものである。…多くの人々は法輪功は極端に熱狂的な宗教信仰だと思われている。迫害されたと呼びかけたのは、実際に同情と応援をもらう目的で、係争問題である。われわれは法輪功を平和な瞑想組織だと理解するではなく、信徒を操縦し、テレビ局を攻撃したり、大規模自殺と信徒の家族を殺害した危ない邪教だと認識してください。[22] 

●Daily China、オランダ人、中国四川大学で勉強したことがある 

かれ(デイビッド・キルガー)の目的は明らかである:中国政府のイメージを損害すればするほど、彼のケースはもっと説得力がある。…法輪功組織は西方社会を利用して「無料」なマスコミを制御することに得意である。私は蘇家屯事件の専門家ではないが、私が持った情報の限り、これらの報道は事実を無視している。それに、この件は関連報道によって極端に大げさにしたことは推断できる。[23] 

 結論 

二人のデイビッド氏が言った「生体臓器摘出」調査報告を発表し、現在は世界中に回って、彼らの観点を宣伝している。沢山の国際会議でこの報告書を力を入れて宣伝したり、中国共産党が法輪功学習者の臓器を摘出したことを譴責したり、中国が法輪功を虐待したことを譴責したりしている。一部分の西方記者はキルガー-マタスの発見を事実として、型どおりに執り行うように繰り返して報道している。 

それにもかかわらず、上記文章の内容の通り、十数カ国の政府部門、人権団体、海外メディアは実地での取材はこの報告書が書いた内容を証明できることを一切見つかっていない。時間の経つにつれて、ますます多くの人は真相を了解し、法輪功の「臓器摘出」うわさを見抜いてきた。彼らの宣伝活動に拒む人もいる。201110月、ロシアクラスノダール地方裁判はロシア連邦法律に従い、二人のデイビッド氏の「血まみれの生体臓器摘出」を「極端宣伝品」と判定した。20121月、入国禁止されたため、デイビッド・マタスの2012年ロシアで会議を参加し、公演を発表する計画は台無しになった。ドイツハンブルク市政治教育センターは法輪功がそもそも2013827日に予定した「中国生体臓器摘出」シリーズ宣伝イベントを取り消した。 

法輪功は自分で作った「生体臓器摘出」うわさは、中国人権問題を疑った米国、カナダにしても、中国の対立面にたった国際人権組織、中国異議人士にしても、みんな態度は高く統一している。つまり、法輪功の中国政府が法輪功学習者の臓器を摘出した告発は、事実の根拠はない。その目的は中国のイメージを汚すためである。 

このようなうわさに対し、立ち向かって真相を披露する人はもちろんいる。デイビッド・キルガーの報告が発表して一ヶ月間もないとき、カナダ「華僑時報」は特集号を出版し、カナダすべての中華街に無料配布した。内容は法輪功メンバーがこの臓器摘出うわさを捏造した事実を暴露した。同時に、このチャンスをきっかけとして、中国政府メディアに載せた反法輪功の文章を使った。20072月、「華僑時報」の社長周錦興は死亡恐喝手紙を受け取った:「あなたはやめないと、死ぬ。わたしはあなたの新聞社に火をつける」[24] 

われわれは聞きたくなる、二人のデイビッド氏――「生体臓器摘出」うわさの主な推進者――一人は高い給料をもった弁護士、もう一人はカナダの元政府役員、はこの調査報告書の真実性について自分がどう見ているのか。 

2007年デイビッド・キルガーとデイビッド・マタスはキエフに滞在した間、ウクライナ有名な記者であり、人権保護人士ワレリ・キバネンカは彼らと付き合ったことがある。彼らに取材をした。キバネンカ氏はデイビッド・キルガーに質問した:裁判で中国が法輪功信徒の臓器を摘出したという情報の真実性を証明できるか。キルガーの答えは:「できない。」[25] 

  

 

 

 


[1] ダイビッド氏調査報告についての調査」香港フェニックステレビ、「社会能見度」、2007628 

[2] 呉弘達 法輪功マスコミが蘇家屯収容所問題をめぐった報道についての認識と経験」、観察サイト、2006718 

[3]「米国国務院は中国法輪功問題を話す」米国国務院情報局、2006416 

[4] 「臓器移植説 疑えるところは沢山あるーーカナダ連邦役員は元議員の中国政府が法輪功メンバーを殺害した言い方を疑う」カナダ「オタワ・シチズン」グラン・マイクグレーグ、2010121 

[5] オーストラリア国会参議院外交国防と貿易常務委員会公聴会オーストラリア国会参議院サイトAph.gov.au2007528 

[6] ニュージーランド外交国防と貿易委員会于景方代業法輪功協会の請願書(2011/84)についての報告ニュージーランド国会サイト、20131121 

[7] 「民主化は中国で発生する可能性がある」ドイツの声、2012119 

[8] 「<中華街の不安>という番組の審査報告」カナダ放送テレビ局サイト、2009127 

[9] 「中国 無実な法輪功練習者は臓器で殺されたか」オーストリア反臓器生体提供組織orgaNOsサイト、2014318 

[10] 「“各国調査科ダイビッド報告をコメントと報告に支持か反対か”についての答え」オーストラリア難民審査裁判サイトrefworld.org2007117 

[11] 「カナダ法輪功協会はカナダ国家フランス語放送局が20081030に放送した番組“中華町の不安”をクレームした内容の審査報告書」カナダ放送テレビサイトRadio-canada.ca、ジュリー・ミウェル・ドチェナイ、2009年1月27 

[12] 「法輪功は誤った道に踏み入るのか」Wordpress.com、ラムボドク、2007917 

[13] 「法輪功は“人体世界”展示されたモデルについてDNA鑑定をするように要求」オーストリアウィーン放送サイト、2013712 

[14] 情報はこのサイトhttp://kultam.net/rus/news/article-159に載せた 

[15] 「中国話」BBC2007110 

[16] 「蘇家屯事件を疑う」から抄録、カナダ「オタワシチズン」、グランマイクグレーグ、200789 

[17] 「中国「火葬炉」の裏事情を公開」から抄録グランマイクグレーグ20071124 

[18] 「ダイビッド氏調査報告についての調査」から抄録香港フェニックステレビ、「社会能見度」、200762832分間 

[19] 「天まで届くクランベリーの下にある法輪功」から抄録、ウクライナ邪教情報サイトUkrsekta.info),グレグリ・グロバ 20118 

[20] 「法輪功は誤った道に踏み入るのか」Wordpress.com、ラムボドク、2007917 

[21] 「二人のデイビッド氏への公開手紙:法輪功と生体臓器摘出について」チャールズ•劉Foolsmountain.com2008106 

[22] 「法輪功の狂熱者」Blogspot.com、エマ・マクハム、201334 

[23] 「知られていない利益要素」Daily China,オランダ有名なサイト「サイト日記」web-log.nl2010112 

[24] 「中華街の不安」カナダ国際フランス語放送テレビ、20081030 

[25] 「ウクライナ著名記者は蘇家屯事件を話す」ウクライナ「民主国家の異端と社会」サイト、キバネンカ200943 

(終わり)

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind