中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功メディア捏造した内容をあばく(写真付)
    
2015-02-22  Kaiwind  筆者:宋涵    

今年、法輪功はまず著作権者の許可を得ないまま、落語師匠馬季氏の作品「落語芸術漫談」を盗用したため、著作権者からアメリカの裁判に訴えられた。その後、中央オペラ劇場の声楽家宋学偉は「神韻」ショーに出席し、褒めたことを捏造した。宋氏はすぐに声明を発表した:「神韻ショーを見たことない」、法輪功メディアをこっぴどく懲らしめた。最近、ある香港会社はマスコミで声明を発表した。内容は法輪功メディア大紀元はこの会社が法輪功に対する寄付したと嘘な記事を捏造し、会社の名誉をひどく影響したと指摘した。 

2013118日、大紀元時報はC6版で文章を発表し、社会方面からの応援を感謝した。その中に、「普蘭方信設計顧問(香港)」会社の名前はリストに入ったし、いろんな場合にこの会社は法輪功に寄付したと公開的に宣伝した。 

 

大紀元時報に載せた寄付名簿 

2014年、普蘭方信会社の責任者範さんは取引先と商談したとき、この件をしった。大紀元時報と交渉しても効果がなかったため、723日~25日に、それぞれ香港「成報」「星島日報」に厳正な声明を載せた。声明に明らかに「わが会社は大紀元サイトに対し寄付したことはない。このサイトに載せた寄付の件はわが会社とまったく関係ない。他人に権利を依頼し、寄付したこともない。」大紀元時報の法律的な責任を追及する権利を保留すると発表した。 

 

普蘭方信会社は「成報」に載せた声明 

  
 
 関連記事
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind