中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
邪教を信じるため、病院に行かなく、男はすねを切断された
    
2015-07-27  kaiwind.com  筆者:趙永剛(口述)小禹(整理)    

私の名前は趙永剛と言い、39歳、内モンゴル乌兰浩特市郊外の紅光留守所に住んでいる。両親は、ビニルハウスの野菜と4ムーの畑に耕作して家庭生活を維持している。それに、昔、私は輝かしい未来があり、しかし、そのすべては、法輪功のせいで、徹底的に変えてきた。 

1994年に、私は高校を卒業した。大学入学試験の成績があまり理想しなく、それに、条件がよくなくため、私は勉強続けた念頭を諦めた、医者の三番の叔父に医術を勉強していた。三番の叔父は、医学院で卒業したエリートであり、彼の熱心の教導と私の努力して勉強する下に、私が医学に関する知識に、初歩的な分かっていた。1996年に、私は北京に1年以上の系統的に勉強しに行き、村に帰ると、衛生院の医者になった、それに、村人たちに助け、軽症とか診察し、だんだんの村でもっと有名になっていた。その後、私は衛生院の仕事をやめ、自分がクリニックを開業した。私がよくは村人たちに優しく面倒を見るため、そして、薬を部屋まで送り、みんなの尊重をもらった。クリニックも毎月に、高い収入を受けた。 

法論功を誤って信じ、迷い道に行っている 

瞬く間に、1998年の夏になった。ある日、同村の八叔母がクリニックに来てきた、診察も薬もなし、ただ、私に『転法輪』という本をくれた、それに、彼女は「気功」を修行することを話し出した:「剛さん、この本は、法論功と言い、もし練習すれば、何の病気も治れ、座禅を組むことも続けたら、癌も治れる!あなたはこの法論功を利用し、他の患者に薬を飲まなくても、病気を治れる。」彼女は部屋の中の薬を指して私に言った:「八叔母の足が何年に痛く、何の薬も飲んでも、役に立たなく、あなたが知っているね、でも、この法論功を練習すると、ずっと痛くなく、この良い物を見なさいよ!」 

数年間に医術を勉強していた私は、気功にも少し分かってるけど、しかし、単に練習すれば、どの病気でも、治れるのは信じられない。法輪功は一体どんな物を分かりたいために、本当に八叔母が言う通りなの、半信半疑の私が、余暇に研究して始めた。その後に、八叔母は続々とテープ、経文を持って来、それに、彼女たちの「功友の会」を紹介された。そこに、各村の功友達がお互いに自分練習した後に、病気を治った経験を話し、真面目に練習する場面を見ると、私はますます法輪功を信じていた、それに、他人の病気を治りたいため、団体に参加した。その後、私は時間通りに「功友の会」のいろんなイベントを参加し、毎日座禪を組み、だんだん法輪功を信じていた。 

頑迷で悟らなく、家族と親戚に決裂した 

 私の学歴は高校卒業であり、年齢が若く、学習能力も強く、間もなくすでに法論功の何セットのアクションをマスターした。それに、『転法輪』、『法輪大法義解』などの関連書籍を読み、自分だけ「レベルを上げる」のは、ダメだと思い、「他人を連れる」べきであった。「業力説」を分かった後に、私は「薬を飲むと、治療作用がないだけではなく、逆に薬の副作用もある」という「理論」を信じていた。私は親と友達に「練習すること」を紹介する時に、彼らが断固として反対した後に、私はクリニック診察の患者に、紹介して始めた。毎日「法論功を練習すること」に夢中になり、仕事しなく、いっそクリニックを閉め、一心に練習していた。「功友の会」は功友達のために、練習費用の寄付を募る。私は数年の貯金を全部寄付した。 

両親と姉は私の「練習する」様々な行為をを見ると、何度も止めてくれた、遠い地方で働いている三叔父も帰って来て私と夜通し話してくれた。しかし、あの時の私は、気が狂っているみたく、全然耳に入らなく、頭の中にすべて「師匠」が「一心に練習する」ことであった。私は彼らが「円満」の邪魔だと思い、家を出、清浄な場所に練習していた。 

 

図の出所はネットである 

「試練」を受け、悲惨な代価を払う 

家を出てから、隣村に粗末な平屋を借りた。収入がないため、生活がとても緊迫したけど、しかし、私はこのすべては「師匠」からの試練だと思っていた。寒い冬には、石炭を買えなく、飢えこごえる日を過ごした。しかし、私はもっと一生懸命練習し、ひいてはご飯まで食べられなかった。 

暫くの間に、私は右足がしびれ、寒くなっていた、それに、足指が時々針を打つように痛く、一心に練習する私は、全然気にしなかった。その後に、右足が赤紫色になり、全体の右足も形を変えていた、時々痛くてたまらなくなった。「功友たち」は、私の状況を知ると、「大丈夫、師匠は、これは消業と病を除けることの必要な段階であり、同時に、練習者の試練であり、頑張って過ごすれば、必ず新しいレベルを上げるといった。」と私に話した。 

この練習理念を信じるために、毎日、私は足の激しい痛みを我慢し、座禪を組み、「消業」し、病を除けていた。足の痛みを治す為に、時間を延長するとともに、強度も増えていた。2ヶ月後に、痛みを軽減するどころか、逆に深刻になってきた、それに、すねの範囲もますます大きくなった。しかし、私はひたすら「師匠」の理念を信じ、「石の上にも三年」のことも信じ、座禪を組んで練習し続けた、それは間違いないと思っていた。ある日に、母は私の足の病状を発見し、強いて病院に連れた。あの時に、私まだ反対し、彼女が練習の邪魔だと思っていた。」。 

母は他の親戚を呼び、一緒に私を市病院に送った。初歩的な診断した後に、長春の大病院に治療を受ることを転入した。病院の専門家が確認した結果は、深刻な閉塞性血栓性血管炎症になった、発見時間が遅いため、すねを切断手術をやるしかなく、もし手術しないと亡くなるかもしれないことであった。この切断事を知った後に、私は死にたく泣いていた:数年間の来敬虔に「練習した」のに、師匠の神霊をちゃんと受けるのに、私に数々の「試練」も受けるのに、最後に、「天國に飛び、円満になる」ではなく、すねを切断した結果であった! 

今、私とっくに悟った、右足に義足を取り付け、まもなく四十歳になっている、結婚もしなく、親に頼っている。現在、「練習」のいろいろな事を思い出すと、後悔、痛み、後ろめたさも湧き起こってくる。 

  
 
 関連記事
  · 心理需要の視点から、信者が邪教に参加する原因を分析する
  · 全能神の邪教は、何故私を首になってくれのか
  · 海道大学大学院文学研究科教授は《カルトからの回復》を出版し、アマゾン
  · 日本脱カルト協会は対策DVDリリース
  · 法輪功はカルトである
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind