中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
4月6日(月)その⑤ 洋県朱鷺(トキ)生態園 トキ保護における日中協力
    
2015-04-07  news.cn  筆者:    

 

  朱鷺生態園の野生復帰ステーション内のトキ

トキは、日本人にとって特別な鳥です。でもそれは、日本だけでなく、中国や韓国でも同じようです。私が最前列で案内係の郭さんの話を聞いているとき、朝鮮の記者も同じように私のすぐ隣で一緒に聞き入り、質問を投げかけていて注目度の高さを感じました。

トキは、19世紀半ばまでは日本各地のほか、ロシア、朝鮮、中国などに多く生息していました。しかし、それぞれの国での乱獲や開発により、20世紀にかけて激減し、朝鮮では1978年の板門店、ロシアでは1981年のウスリー川を最後とし、日本では2003年に最後のトキであるキンが死亡し、生き残っているのは中国のトキのみとなりました。

1998年に来日した当時の江沢民中国国家主席は、「日中友好の証」としてトキを贈ると表明し、1999年に友友、洋洋のペアが贈られ、その後日本では人工的な繁殖に初めて成功し、ヒナは優優と名付けられました。

生態園案内係の郭さんによると、現在、野生では約1000羽、飼育下で約1000羽の計2000羽が中国に生息しているといいます。生態園には約100羽いるそうです。

トキの保護における環境的な条件は大変厳しいものであり(大気汚染不可など)、農民を巻き込んで町全体の環境に注意する必要があり、町の中心部から半径10kmにおいては、無農薬で農業が行われ、トキの餌の確保に務めているということです。JICAは、2010年9月より、洋県など3箇所で「人とトキが共生できる地域環境づくりプロジェクト」を実施しています。トキの生息域拡大のためには、トキの保護と農民の生活を両立させなければなりません。トキは水田から餌を見つけますが、その餌場の確保のためには農薬を制限する必要があり、結果農民の収入低下につながります。JICAが実施するこのプロジェクトでは、有機農業のモデル事業を支援し、人とトキが共生する環境作りを推し進めています。日本と中国とが協力し合ってトキを保護しており、トキがここでこうして見られることはまさに「日中友好の証」ですね。(林)

 

  野生復帰ステーション内で餌を食べるトキ

 

  
 
 関連記事
  · 中国の電波ジャックは『法輪功』?
  · 全能神の犯罪性が明らかになる
  · 海道大学大学院文学研究科教授は《カルトからの回復》を出版し、アマゾン
  · TV朝日はカルト化した
  · 日本脱カルト協会は対策DVDリリース
  · 「南京の『平和の花』が日本で広がるように」
  · 日本の大学生が京劇を学ぶ、中国文化に接するきっかけに
  · 日本の個性的な菓子
  · 法輪功はカルトである
  · 故宮で撮影した可愛い人形の写真 ネットで人気
  · 第18回日中国際交流子供将棋大会が北京で開催
  · 旧暦2月2日「散髪デー」、北京の理髪店が大盛況
  · 中国大陸部の3大学が米雑誌の世界大学ランキングで100位以内に入る
  · 日本人の目に映る中国医学
  · 第7回中国青年トヨタ環境保護助成活動発表会が開催
  · 泥人形、河南省の農村の特色産業に
  · 新海誠監督の展覧会、北京で開催 中国初
  · 2015年中国無錫国際桜鑑賞ウィークが開催
  · 漢字を愛する日本人、廃止しなかった理由は?
  · 干支の羊にちなんだ金と銀の紙幣、発行へ
  · 神学的立場から見た法輪功のカルト宗教の正体 - 時限付終末論
  · 日本篆刻協会尾崎蒼石理事長に聞く
  · 「共鋳大器」――中日共同制作宜興陶磁器展が開催される
  · 全能神 日本支部の場所は?メンバーや教義について
  · 武漢で大雪 興奮するパンダの「偉偉」
  · 張清益は法輪功の論理を評論する
  · 村山談話を継承して中日間の友好促進を
  · 邪教全能神に警戒
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind