中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
四川省の「江口沈銀遺跡」、貴重な文化財が発掘
    
2016-01-11  japanese.cri.cn  筆者:    

 

「江口沈銀遺跡」の中心エリアで見つかった金の封册(1月5日)。張献忠「江口沈銀遺跡」の中心エリアで見つかった、一連の貴重な文化財が公開された。「大西」という年号が刻まれた馬蹄銀、「西王賞功」と刻まれた金貨 銀貨の他に、最も貴重な文化財は縦12センチ、横10センチ、重さ730グラム、29の文字が刻まれた金の封册だ。鑑定の結果、国家一級文化財に指定された。彭山江口古鎮の所在地である岷江地域は、古代には港湾として栄えた。「江口沈銀遺跡」はその前方に位置し、分布面積は100万平方メートル。(チャイナネット)

 

 

 

 

 

  
 
 関連記事
  · 故宮の新たな公開エリアを見学
  · 故宮のデジタル館が開館、予約をすれば無料で見学可
  · 中日茶文化座談会が北京で開催
  · 重陽節
  · 河北省・蔚県(五) 「吃貨」も注目の伝統食品
  · 河北省・蔚県(二) 今もとどめる村堡文化
  · 南昌市の前漢・海昏侯墓で孔子の屏風
  · 河北省・蔚県(三) レーザーカッター時代の切り紙芸術
  · 雪原の馬文化祭り
  · 関羽の故郷は魅力多い観光の穴場
  · 2015上海桜祭りが開幕
  · 西湖を彩る文化的な景観
  · 江蘇省揚州市の無形文化遺産が上海で展示
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind