中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
山東の女子、全能神を信じった結果は、「性の人形」になる
    
2015-11-26  kaiwind.com  筆者:王雁    

 私の名前は王雁(仮名)と言い、今年35歳、山東省即墨市区に住んでいる、経済や金融を専攻し、大学卒業後に、市内で銀行の仕事をする。私は、昔幸せな家庭を持ち、夫の仕事は教師であり、とても優しい人である。それに、賢くて可愛い娘もいる、他人の目には、私は本当に幸せな女だと思っている。部外者に私は幸せの小さな女性。しかし、私は「全能神」の信者になってから、邪道に歩いていた、家族を失うだけではなく、女性の純潔も無くなった。精神的にも、ショックを受け、死にたくなる。

私は完璧主義者であり、中学の時に、陶淵明の『桃花源記』を読んだ後に、文章の中ですばらしい境地に引かれた:人と人の間には、矛盾なく、調和平静、自給自足、落ち着く、いい景色の田園と世外の桃園という画面は、私の心の中に残っていた。社会に入っていた後に、非常に複雑な人間関係に苦手であり、サラリーマンのような銀行の仕事も好きではない、そこで、常に現実への悩みとすばらしい境界に対しての幻想に陥っている。また、どんな原因が分からなく、私は小さいごらから、特に病気や年取るや死ぬを怖いであり、むしろ貧乏でも、病気にかかりたくなく、早めに死んでも、年取りたくないんである。でも、勿論早く死にたくなく、永遠に生きて欲しいである。2010年に、ある親戚が急病で亡くなった、弔問時に、彼女の遺体を見てから、夜になると、彼女はリビングにで髪を振り乱して家に立つ感じている、怖くて寝室のドアに出る勇気もなく、それに、よく悪夢を見、疲れになっていた。私は社会の大事件に気にしなく、哲学、思想道徳などの理論にも興味がなく、大学の時に、このような授業を受けると頭が痛くなっていた。そして、先生は授業する時に、私は小説や雑誌を読み、何言った一言も耳に入らないのである。

2012年3月に、隣の王叔母さんを通じて「全能神」と接触した。彼女は、マヤ人の予言:2012年12月21日は世界の末日、災難が多く、地球を爆発すると言う。だから、「全能神」を信じれば、「避難所」に入って救われる。それに、審判と刑罰を受けなくなる。王叔母さんは、時々いくつかの「全能神」の資料をくれ、いわゆる「霊の家の生活」に参加させ、一緒に「聖歌」を歌ったり、「霊ダンス」を踊ったりする。皆さんは、お互いに兄弟姉妹の呼び方を呼び、笑いたかったら、笑う;泣きたかったら泣く、私はこの暖かい雰囲気に感染された。3月26日に、王おばさんに説得させてから、私は思い切って保証書を書き、「神様」と50人を入教させることを約束し、「神に助けられる」ことを期待した。もし、使命を完成できなかったら、喜んで「神様」に殺される。「神様」の家の生活は、普通な家庭にはなく、心の中のストレスを軽減していた、憂鬱な気分も釈放できた、珍しいの精神的な愉悦感を感じされた。このような生活は、私にとって、最も意義があって憧れる生活である。

最初は、夫は夜も寝なく、ぐずぐず「全能神」の本を読むことに干渉しないけど、ただ、少し私に勧めて遅れないように、早く休み出勤しないとって言われる。夢中になる程度が深くなるに従い、「神様」の家の生活は、私は、夢中になって娘に対して態度もますます冷たくなっている、お世話にも減っていた、時々娘が負担と思う。そして、小学生の娘がよく遅刻し、先生に批判される。それだけではなく、会社の仕事にもいいかげんに対応し、暇になると、すぐこっそりと「女キリスト」の「神話」(全能神の邪教書籍)という本を読み、上司に何度も忠告されたけど、私は依然としてマイペースであり、最後に、辞めさせて説得してから、迷わずに辞表を出し、外に行った。

夫は、私が退職の事を知った後に、両親に頼んで私に説得させたく、上司に謝って仕事の場所に戻って欲しいである。年取る両親が泣きながら説得してくれ、何回で気絶し倒れた、彼らはどうして、いつも利口な娘がそんな邪念の不思議な行為を信じられないのである。私が「全能神様」を信じる事を知った後に、彼らは、私に止め、それに、2012年12月21日も過ぎ、「末日」という噂が嘘に決まっている、しかし、どうしても私が改正しなく、彼らに非常に苦しませる。

2013年7月に、家族の抵抗を避けるために、私は「神様」指示通りに、こっそりと家の3万元の現金を持ち、思い切って家を出た、それに、「町」は、青島市城陽区に手配し、「福音を伝教する」。

私は一生懸命仕事するため、よく外出して伝教している。すぐに一線伝福音チームに参加し、「牧場」のリーダーの呉さんに出会った。呉さんの偽名は「大猛」と言い、年齢は40歳、大人で優しく、常に秘密の集会に連れてくれる。それに、神様になるために、「霊ベッドを経る」、「肉体を裏切る」を通じ、自分のすべてを「神様」に捧げ、信者を発展するために、手段を選ばなく、「性」で誘惑しても、平気である。彼の優しさと脅迫下で、私はすぐに彼の奴隷になり、彼のベッドで人形になった。それに、彼は、何度も知ったばかりの男信者が私と淫乱させ、あの時、私は全然恥ずかしいと思わないのである。価値と影響力を持つ人間を入教させるために、呉さんは私を利用し、ビデオやレコーディングで脅迫する。3人の男が被害者になり、おとなしく「全能神」の組織に、コントロールされた。

夫と家族は、すべての利用できる方法を尽くして見つけてくれている、彼らの痛みと心配に対して、私は意外に何も感じないのである。夫と別れるために、私は積極的に彼の学校の近くの所に会い、数人の男の信者が変装して守ってくれている。私は彼の哀願を無視し、私の両親が何度も発症入院を言っても、私も何も感じないのである。彼が私を強いて家に帰る時に、隠れている男の信者に脅迫された。「離婚しましょう、私の体は、複数の男に属した」と言うと、いつもおとなしい夫が怒られ、私と離婚することを約束し、あらかじめ用意した離婚協議書にサインした。こうすると、「全能神」の加護を受けるために、夫、世間知らずの娘と両親を捨てた。

「全能神」のアメとムチの制御下に、私は「神様」の命令に従い、真心に貢献し、全力を尽くして人を入教させて「福音を伝教する」。私は一年中に、ずっと外で苦痛と困難を受けるけど、しかし、今の貧乏と困難が臨時の事だと甘くて思っている。将来、きっと無限の幸せを得なければならないために、「全能神」に命をかけて仕事すべきであり。「神様に助けられる」ことを期待する。2015年1月4日まで、「伝福音」のある村に、私は大衆に公安機関に送れ、これが自分のでたらめな旅を終わられた。

今の私は、反邪教ボランティアの助けのもとで夢から目覚めたように、「全能神」の悪本質をはっきり認識したけど、しかし、自分の放任と家族に対しての事を度々後悔している。私は、趙維山と楊向彬と「全能神」を恨んでいる。

 

0
  
 
 関連記事
  · 娘二人とも「全能神」に誘拐
  · 全能神 狂気に満ちたカルト 中国発祥のキリスト教系異端について
  · もし家庭を崩したくなかったら、全能神を離れて
  · 彭雲:「木にパンがなる」はうそ
  · スクープ露出:全能神『子女関係を断絶する書』(図)
  · 普通の人と全能神の戦争
  · 全能神の邪教は、何故私を首になってくれのか
  · 全能神は、私の良い近所さんに家と命を失わせる(図)
  · 全能神——中国版オーム真理教
  · 全能神 日本支部の場所は?メンバーや教義について
  · 殴打・監禁は全能神の常套手段
  · 邪教全能神に警戒
  · 全能神の犯罪性が明らかになる
  · 韓国の宗教雑誌は、中国が「マクドナルド殺人事件」の主犯を判決されることを評価する
  · 門徒会邪教を如何に見分け、警戒するか
  · 邪教「全能神」の実態
  · 芸術に魅せられて、変幻自在の手業で作る練り人形 河北省
  · 故宮で撮影した可愛い人形の写真 ネットで人気
  · 中国で誕生日のお祝いにフォンダンケーキが人気
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind