中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
心理需要の視点から、信者が邪教に参加する原因を分析する
    
2015-12-03  kaiwind.com  筆者:文潤玉    

戦国時代末期の著名な思想家、法家学派代表人物の韓非子は、『説難』の中に、「人の難は、言われる心にある」。現実生活の中に、個人の大多数の行為の特徴は、実質的に心理需要特性を表現している、そのため、信者は邪教に入会心理の特徴を分かると彼らに思想転換の仕事をする時に、非常に重要である。邪教組織は社会組織の中に、奇形群体として、人を惑わさせて引きつけ、客観的に信者に心理の需要を満たす特徴を持つ。だから、邪教信者は、入会心理的な動機を分析し、邪教の本質と被害を深く認識し、それに、邪教信者の転化仕事や邪教防止対策にも非常に重要である。現在、大量の邪教信者を詳しく考察すれば、私たちは彼らに邪教入会の心理原因は以下通り: 

一、病気に怖いため、自分や家族の体が健康をさせたい心理需要 

人生四つの大事(生老病死)、もともと自然ルールであり、政府の人であろうお金持ちであろう、普通の人間であろう、基本的生活需要を満足した後、多くの人が一番気になるのは、病気や事故災害である。特に、現代社会、皆は自身の生活レベルと健康指数に重視し、自分や家族も健康と思っている。しかし、工業文明の発展と社会の交友輪を増えるに従い、生態環境の汚染及び人類自身の抵抗力の変化などの原因である。それに、人類の病気は、いろいろな変えて、たくさんの種類が出た、例えば:エイズ、癌などは今まで治せない難病種類が出た。それに、現代医学はどんなに発展にもかかわらず、一部の病気が「神の鞭」として、人間科学で何もできなく、患者に長期で痛めに陥る。そして、「病気の時に、混乱して医者に助けを求める」。各類の気功や特異機能や各種正当または不正な宗教組織に頼み、奇跡を期待し、患者や家族に痛めの中から、助けられる。 

今、農村合作医療や都市の基本医療保障は発展しているが、しかし、私の国では、一部の人特に貧困地区で一部の弱者層は、まだ健全な医療サービス保障を感じられなく、この部分人は、病気を受ける時に、高い医療費用が人々の最大の負担になる。だから、いわゆる気功大師、特異な機能持者に引き込まれ、たくさん人が健康になれるために、その中に深くはまり込む。当時に、邪教組織の「法輪功」は、「健康のために、気功を練習すれば、病気を追い出す」に騙された。調査によると、多くの普通な人々は、「転法輪」に参加する理由は、李洪志が話した体の「業力」を追い出せるということである。それに、体の構造を変え、「若い続けて永遠に健康になれる」、病院に治療を受けなくても、病気を治せると言う嘘は、一部の収入が少ない人のお金をかからなくて病気を治れる心理に合う、。 

二、社会の変化に、迅速で運命を変え渇望の心理の需要を実現する 

社会の発展と進歩は、必然的に社会の変遷と階層の動向を起こす。それに、激しい市場競争の中に、個人能力の差による、社会の貧富のバランスが不平や社会地位に大きな違がある。それらの文化レベルが低い個体は、激しい競争の中でだんだん弱者層になっていた。彼らは、病気と各種の自然災害にに立ち向かう時に、自分を助けられる能力が有限であり、それに、困難に直面する時に、最初はいろんな方法で現状を変えようだけど、しかし、理想と現実は、確かに距離があるので多くの人は、諦めった更に、落ちぶれてしていた。どんなに努力しても、急速に現実に変えられない状況の下に、ある人の心理バランスが崩れ、極端な心理を発生してとイライラしている。そこで、伝統文化の中の「天命思想」は、このすべてを個人運命のせいでしている。もし運命を変えたければ、ただ一つの方法は、神秘の力を借りるということである。だから、宗教に含まれる神秘の力は、これらの心理需要を満たすために、条件を提供し、信者のために美しいことをつくった。それに、社会では客観的な存在の圧迫力は、宗教復興に対して社会条件を提供し、邪教にも付け入る隙を与える。 

法輪功など邪教組織は、神話に自分の教主を神様として、個人崇拝し、その教主さまざまな超自然力を持ち、人を助けられるだけではなく、また人々に自分の運命を変える方法を教える。この魅力的な広告効果のお陰でたくさんの人を騙される。邪教組織メンバー無極キリスト信者の王碧雲は、うまく人の心理を掴むのは、「福音」の一つの大きな特徴だと紹介した。例えば、病気にかかる人に対して、「福音」を信じれば病気を治すと言い;お金がない人に対して、「福音」を信じればお金をもらえると言い;昇進したい人に対して、「福音」を信じれば、昇進を助けると言い、とにかに、信者の要求をすべて満足できる。信者は、「福音」を信じると、他の信者を発展する任務があり、任務を完成したら、運命を変えられる、社会地位を急速に上げる期待を実現できる。この方法で邪教信者に一心に組織についてくるだけではなく、またこれで組織と目標も広められる。 

三、組織に認めさせて帰属感の心理需要をもらえる 

古ギリシャ思想家哲人アリストテレスは:「人は生まれつきぼ政治動物だ」と言った、つまり、個体は天然に集団生活したい心理需要を存在し、すべての人々は、集団に捨てられたくなく、特定の組織に離れたら、個体の生存は無力で「ロビンソン」(もちろん、ロビンソンは迫られてしょうがないのである)みたいな心強い人を除いて、多数の人は、その「日に渡さない、地も殘さない」状況に会ったら、失望してさらに、絶望になる。しかし、現在の市場経済体制改革は、社会生活の各分野に進めるに従い、人々の就職方法や生活習慣、個人と組織の連絡が随分変えている。高校卒業した学生は、自分で就職した後、田舎の人が都市で就労した後、それに、一部の国有企業事業機関の従業がリストラされるや原単位から辞任した後、彼らも元所在単位の組職に、連絡が取れなくなった。昔、組織は問題を解決し、福利も保障し、上司に心理安全状況をくれる。しかし、今は、徹底的に計画経済の条件の下で過去仕事、生活、学習を変えていた。 

伝統的な「単位人」の心理は、一部の人に就職させて生活保障があっても、心理的に喪失感が生まれ、帰属感と認め感を足りないのである。彼らの心理的には孤独や寂しさや虚しさなどの否定の情緒が存在し、団体組織に属する帰属感を持ち、に憧れてまで、帰属グループ組織の中で、多くの人間関係と精神配慮を得ることに憧れる。こういう心理原因のため、一部の人は、「無いより増し」という心理必要を持ち、特別要求がない宗教団体や気功協会やフイットネス団体に参加し、集団活動を通じて孤独と虚しさをはらし、精神的に団体認め感と帰属感をもらえる。 

法輪功など邪教組織の発生は、上記の社会心理需要に合わせる。一部の集団帰属感に足りない民衆に、便利に「集団の喜び」に溺れていた。多くの農村地域と都市下層民衆の中には、一部の中年女性や高齢者が邪教組織に信者を「騙される」理由は、彼らが伝統団体安全感を足りなく、組織に参加することを通じ、自分の心理安全を保ち、心理満足を得る。   

とにかく、邪教組織は、一定程度で一部信衆が体を健康にし、個人運命を変えて心の帰属感を見つける心理必要に合わせる。それに、人の心を惑わして不正行為に誘い込む客観事実である。邪教組織の蔓延を防ぎ、影響したくなければ、社会コントロールの角度から見ると、各政府と社会組織は医療保健や個体発展ルート、団体帰属の方に、なるべく普通な人にもっとたくさんのチャンスを提供する。孟子は「君子の徳風、小人物の徳草。草の風は必」と言い、もし社会正しい筋道さっぱりしていたら、邪道は自然に民衆に捨てられる。 

(責任編集者:松舟 暁カン(涵)) 

  

  

0
  
 
 関連記事
  · 邪教を信じるため、病院に行かなく、男はすねを切断された
  · 女子教徒に性暴力を振るった邪教の教主たち
  · 女教師楊帆の邪教マインドコントロール体験
  · 全能神の邪教は、何故私を首になってくれのか
  · 海道大学大学院文学研究科教授は《カルトからの回復》を出版し、アマゾン
  · 日本脱カルト協会は対策DVDリリース
  · 法輪功はカルトである
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind