中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
精神的に児童を虐待すれば、暴力より危害が大きい(図)
    
2016-01-29  kaiwind.com  筆者:瑞竜    

 しばらくして以来、メディアが露出した少年児童虐待事件は、社会の関心の焦点になる。西安雁塔区の幼稚園教師は、鋭い状物で子供に突き刺して体罰行為;南京の養母は、虐待12歳息子を虐待することを深く露出;浙江省温嶺蘭孔雀幼稚園の教師は、強引に幼児の耳を提起した事件……暴力は児童虐待事件が多種多様であり、ひとつだけではないのである。しかし、これらの暴力児童虐待事件と法輪功の精神児童虐待事件に比べると、小さいことである:法輪功に夢中になる家長は、李洪志の精神的にコントロールされて自分の子供を虐待行為を全然知らず、子供に若死された;法輪功する少年は、精神的にコントロールされた後に、様々な権力を奪われる。彼らは未熟であり、精神的にも肉体的にも、辛い痛みを残させた、法輪功の精神児童虐待事件は、さまざまな暴力児童虐待事件に比べると、もっと厳重する。 

――精神にコントロールされ、価値観も歪曲されている、「小弟子」に生命権力を奪われる

1999年に、法輪功を取り締まっても、夢中になって目覚めない練習者も「師匠」に「忠誠を尽す」の非正常な死亡者が多いのである。精神的にコントロールされるため、価値観を歪曲されて非正常な死亡道に行き、彼らは何も知らず、「小弟子」劉思影の典型的な死亡事件を発生した。河南開封でわずか12歳の小学校五年生の劉思影は、李洪志の「生死を置く」、「円満を追う」の邪説通りに、2001年1月23日に、母の郝慧君の指導の下で北京の天安門広場で集体的に焼身自殺し、早く天国に行ける結果は、全身やけど面積が40%に達し、病院は全力で救急したが、死亡になった。救助の過程の中で、記者は劉思影に取材する時に、無邪気で涙ぐましい話を示す精神コントロールされて虐待の無知:「お母さんは、頭の中で急に『円満』の念頭を思い、私に勇気があるかどうかと聞いてくれた。私は母にあなたは亡くなったら、私は誰と暮らすの?お母さんに着いて、小さなしっぽになる」と言った。――李洪志の「生死を置く」、「円満になる」といううそをつき、成年者の「溺れる者」を傷害するだけではなく、価値観まだ形成されていない無正誤判断基準の少年児童も含む!

 

劉思影と母の写真

 

焼けた後に、緊急治療中の劉思影

――認識に誘導され、人生観を誤り、「小弟子」に学習権を奪われる。

アメリカに逃げた後に、李洪志は反中勢力の支持のもとで、相次いで神韻芸術団と飛天艺校などの機関を成立していた、たくさんの人々を引き込み、何も知らずのアジア係、中国係及び子孫を騙す。飛天の芸術学院の人数が足りないため、12歳不満の子供もに入会された、芸術の「小タレント」であり、また法輪功の「小弟子」である。彼らの心身を発育し、世界観まだ形成されていなく、早く「立身出世」のために、出演して惜しみなく早起き遅寝、压腿、股わり、腰曲、前橋、後橋、小翻、骨損傷もいつものことである。少しミスを発生すれば、教師に罰を受けられる、彼らは我慢して常に法輪功を練習させる、ほとんど文化授業の勉強時間がないのである。殘酷無情の精神的な虐待と自然科学と社会科学知識の権力を奪い、彼らの人生価値観を捻じ曲げられた。

2009年9月に、法輪功サイトには『1名の合格大法小弟子になる』という文章の中で、「小弟子」の話は、目が覚めさせる:毎日放課後、母は私にまず法輪功を練習させる。最初、私は勉強が大切だと思うけど、その後、師匠の言葉を悟った:「あなたは、どんなに勉強しても同じだ。例えば、イギリスの小学校の教科書を勉強した、アメリカの小学校の教科書も勉強した、日本の小学校の教科書も勉強した、中国の小学校の教科書も勉強したが、あなたはまだ小学生」と師匠が言った。李洪志は、学習が「気功低層の宿題」と言い、「気功低層の宿題はあなたがどんなに勉強しても、逆に有害し、体にもう狂ってしまった」と言った。一つ一つの勤勉な小学生は、精神的に虐待されて、ぎこちなく誘導され、大法を練習しかなく、文化の知識を学ばない「合格小弟子」に誘導された。

――行為を極端に走り、非情利己的に「円満」を求め、健康権を虐待された。

「虎は怖いけど、子を食べない」、正常な智能の両親だったら、誰でも自分子供に殴れないのである。しかし「情を消す」と「円満」になるの蠱惑の下で、多くの溺れる者は、子供に精神的に責めたり、体にも暴力したり、彼らの精神と身体の二重傷を受けされる。不完全な統計によると、法輪功を取締る前に、練習意外死亡の1400余り例事件の中には、500例で李洪志の屁理屈邪説で誘惑し、親としての責任を捨てて「円満」になれる、早く天国に行くために、「命を賭ける」発育期の少年に父母の無親心の精神的に虐待される。それに、無知な人々は自分の肉親を生命のゴールに引っ張る。

元広州市连港の事務局港新港港務会社工芸科の課長の丁旭は、「練習のでたらめな事」(凱風ネット2012年11月15日)に:彼女は元々幸せな家庭を持ち、夫は仕事できて優しく、息子が健康でかわいい。法輪功を練習してから、元の美しい生活を徹底的に破壊された!自分に「消業」を影響しないため、病気にかかった息子に無視する。40度の高熱と驚かせるの原因で、急性髄膜炎を誘発し、脳神経に深刻な損傷させた。病院の治療を受けると、息子の命を取り留めるが、昔の健康で明るい子供を障害児にならせた、これから二度と正常児童の生活をしないのである。

 

障害児の写真

――上海市浦東新区の呉敏は、母親が法輪功に夢中になるため、「寂しくて苦しい子供思い出」(凱風ネット2009年10月21日)の文章の中で「私はお腹がすいて、座禪練功の母に邪魔し……彼女の『転法輪』の本を1ページ引き裂いた、やばいと思い、大変殴られた……彼女は私の声を彼女の心を静めて座禪に邪魔しないように、私を縛って、口の中に1本のタオルを入れて、布団で私を押さえる……」「ある日、母は、1日中にネットでたくさんものをダウンロードした、私はこっそりと彼女のパソコンを触って……パソコンをハングアップした、この時、彼女はダウンロードしている最も重要な最新「経文」ために、怒った彼女は、狂ったように……私の髪をつかんで壁にぶつかって、そんなに大きなモップの柄が中断されるだけでなく、鼻や口から血を流して、私の左耳出血した、今も、左耳の聴力が悪い……」「徐々に私は意識を失っていた。同修おばさんのお陰で、地で私の鼻血を見る……私の顔を見ると、唇が紫になって、急いで私を助けて、命を取りとめた」

……

「6 1」国際児童節もうすぐ来る、上記の典型例は、法輪功に対して精神的に児童を虐待する理屈邪説に血涙の訴え!児童を虐待する李洪志であり、人を苦しいのは法輪功である。悲劇は、人々に遠く邪教に離れ、生命を大事にし、家族を重視し、科学に憧れ、それは正常な人の生活の軌跡である。

 

 

0
  
 
 関連記事
  · 北京、小学生たちが絵画で「国際児童デー」を迎え
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind