中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
彼女は悪魔をはらうために修行し、私はもう少しで息子を失うところだった
    
2016-04-19  kaiwind.com  筆者:    

孫美華、1954年に生まれ、江蘇省興化市の人である。 

孫さんは今年六十歳を上回って、古参の法輪功修行者である。1999年から、孫美華は十七年が一日のように修行し、法輪功の必須の修行内容は全部満点に修行した。自由選択の修行項目もよく新しいアイデアが出てくる。

孫さんのような法輪功の優秀な修行者は李大家の「三つとも素晴らしい」弟子で、道理から言って、「真、善、忍」を卒業し、「徳」が満点で、「正念」が素晴らしくて、あとは師匠のちょっとした助けをもらうだけで、幸せな「天国世界」に入ることができる。孫美華もずっとそう思っていた。

しかし、近年来、孫美華は心配事があった。修行の深まりにつれて、家族が自分の法輪功の修行に反感を持っていて、態度も冷たくなると孫美華は気が付いた。さらに、以前仲の良い親戚さえ彼女の訪ねを拒否し、孫美華が傷ついた。

そうだね。身の回りの人々はどんな人たちか?意外にこんなに気が利かない。もうすぐ「円満」になって仏になる「神様」を尊敬しなく、反感さえ持っている。

彼女は「仏」に追随し、私は老後の頼りがない――ここまで言って主人は意気消沈する

孫美華と主人間の夫婦関係はなかなか良かった。主人もずっと孫さんを愛していた。子供を産んだ後、孫美華は虚弱体質になり、それから、すべての家事は主人がするようになった。

1999年に孫美華は法輪功団体に加入した。はじめは主人が孫さんを支持していた。法輪功は「病気を治し、元気にする」という名で修行を勧めるから、主人も妻がこんな団体に入って体にいいと思っていた。でも、状況は主人の予想以上になり、制御できなくなった。

「結婚して何年も経ち、たくさんのことはどうでもいい。一緒に生活できるのはお互いに暗黙の了解ができ、相互依存の感じがするから」と主人は言った。「しかし、彼女は法輪功団体に加入したあと、この暗黙の了解がなくなり、彼女は私のことに関心を持たなくなり、私の関心も大したことではないと思い、このうちが崩壊し、熟知した二人が見知らぬ人になった」

法輪功を修行してからの17年間、孫美華は数え切れないほど何回も家族の生活を出た。主人の喜怒哀楽に注目しなく、彼女はぼんやりとして何にも関心を持たなく、主人の健康にも全く無関心になる。何回も、主人は病気になり、孫さんがそばにいなく、息子に知らせたくなく、自分一人で病院へ行き、登録し、お金を払い、薬をもらい、一人で点滴を持ち上げてトイレへ行かなければならない。

どんなに深い感情でも、無関心に勝つことができない。

「どうでもいい」と孫さんの主人は言った。

彼女は悪魔をはらうために修行し、私はもう少しで息子を失うところだった――ここまで言って息子はかんかん

「実は法輪功は国に許されていないということがわかったが、彼女はどうしても修行したく、私もしようがなく、何といっても彼女は私の母である」と息子は怒りが抑えられなくて言った。「しかし、彼女は自分が信じているものを私の息子に使うべきではなく、あの人は彼女の孫だよ。」

息子は孫美華の法輪功の修行にはっきり反対したのは2007年からである。その年、孫美華の孫が生まれ、彼女を含めて家族のみんなは非常に嬉しかった。孫の世話をするために、孫美華は一時修行を止めた。

8月のある日、孫美華は一人でうちで子供の面倒を見、子供はなんだか泣き続け、どのようにあやしても効果がなかった。もしかしたら私が修行しなく、師匠が私に警告を発するかもしれないと孫美華は思った。それで、泣いていた子供を無視し、孫さんは修行し始めた。家族がうちに帰り、このシーンを見、すぐ子供を連れて病院に行った。子供が微熱が出たかtら、ずっと泣いていたということがわかった。そのため、主人は結婚してからはじめて彼女に悪態をついた。息子も彼女を叱った。孫美華は家族と論争しなかった。幸いに発見が早く、修行をはじめ、もし少し遅くなったら大変だと心の中でそう思った。

数日後、主人が用事でうちを出かけ、子供がまた泣き始めた。泣き声で孫美華は落ち着いて静かに修行できなくなり、彼女は根気強くて子供をあやしたら、子供がかえってひどくなった。孫美華は焦り始めた。「私がずっと修行をし、どうして子どもはまたこうなるか?もしかしたらこの子供は私の修行を崩す悪魔じゃないか?」と思った。それで、孫美華は手で子供の顔を覆い、声を出させなかった。やっぱり、子供の泣き声が弱くなった。効果が出たのが気づき、ますます力を入れた。この時、主人がうちに帰った。このシーンを見、すぐ孫さんを止め、子供の唇がすでに紫色になった。

「以前、テレビは法輪功を修行する人はほかの人を殺すとか、自殺するとかって取り上げたが、これは私の母と全然関係がないと思い、今はやっとわかった」と息子は後悔しながら言った。

彼女は老若の面倒を見なく、私は家事に苦労する――ここまで思うたびに嫁はストレスが強くなる

「もし姑をどう思うかと聞かれたら、三文字であり――いやだ」と嫁が平気に言った。

この世の中に理由のない愛がなく、理由のない恨みもない。人に対する態度は全く相手があなたに対する態度の次第である。

家族で、嫁だけ「いや」を言い出した。年をとって病気がちの舅、この家族のために一生懸命働いている主人、まだ幼くて体質の弱い息子、姑は今まで彼らに関心を持ったことがなかった。すべての家事、子供の勉強、祝日の準備、人情など、主人は一部分を引き受けていながら、ほとんどは嫁の仕事になった。

たぶん2005年にこの家族の一員になった嫁は正常な姑を見たことがないであろう。彼女が知っている姑はいつまでも世の中のことに無関心で法輪功の修行に専念する利己の人である。

彼女は疲れないほど他人のことを壊し、うちは落ち着かない――言ってみれば、親戚は不満がいっぱいである

団体を拡大するために、法輪功のリーダーは信者たちが新しい信者を募集するということを呼びかけている。また、これにきれいな名前をつけた。「度人」(人を案内する)。聞いたら立派なことだと思うだろう。忠実な信者たちは「度人」の数を「上のレベルに上がる」「円満」の基準にされた。したがって、全力を尽くし、ほかの人をこの団体に誘惑する。

しかし、最初は孫美華の「度人」の企画は順調ではなかった。法輪功の「出かける」「事実を言う」という要求に応じ、孫美華はよそに行き、単純な人々に法輪功の良さを伝えた。でも、愚かな凡人は視野が狭く、宝物を見分けることができなく、よく迷惑で警察に届ける。

何回も送還された孫美華は教訓をくみ取って、戦略を変えた。自分の親戚を目標にした。彼女は以外に成功した。その中で何人か新しい信者になった。

孫美華は心が晴れ晴れして意気揚揚になった。しかし、そのいくつかの家庭はひどい目に遭った。彼女はウイルスのように感染したら、その家庭は落ち着けなくなる。このままでいって、親戚間が合意に達した。「火を防ぎ、泥棒を防ぎ、孫美華を防ぎ」。

実は孫さんは心配することはない。もうベテランになり、十数年の修行で何をもらったか心ではっきりわかっているが、何を失ったかも自分がちゃんと分かっているであろう。

そうだ。親戚の愛情がなくなり、名声が地に落ち、家庭も失い、でも、これらは全部あなたが希望することじゃないか?

「名声、利益、愛情を捨て、神様に修行できる」これはあなたの師匠が教えたものである。

 

孫美華近影

 

 

0
  
 
 関連記事
  · 日本法輪功の骨幹肖辛力が病死(写真付き)
  · 法輪功、混血児に謝るべき
  · 法輪功教義の矛盾20点
  · スモッグ自由自在操縦 法輪功自称
  · 「法輪」を見つけるために妻を殺し、「修行を通じ、天国に飛び上がれる」という馬鹿なことを後悔して自殺で謝罪した
  · 「法輪功」を練習し、夫を遅く治療するため、死亡になった
  · 法輪功に夢中になる陳紹剛は、息子を凍死した
  · スクープ露出:法輪功の種類は「虚一霊母」を変えた
  · 幻の大学入試の神迹を経験した
  · 法輪功は娘の夢の翼を折れた
  · 「円満」は、父を死亡に引きこむ(図)
  · 一本の棒は、私の半生を壊れた
  · 「円満」のため、子を連れて他界
  · 法輪功の移住者詐欺を参加したアメリカ弁護士は4ヶ月に監禁された
  · 初めて咲いた花蕾は、法輪功の魔の手で潰された
  · お婆さんのでたらめな経験:腫瘍を「法輪」と間違って見なす
  · 「法輪功」問題の社会的背景とその行方
  · ロシアの法輪功のボスを法廷に送られる
  · 驚いた!法輪功は雇った人が現場でお金を分ける(図)
  · スクープ露出:法輪功「警告蚊書」(図)
  · スクープ露出:法輪功「警告ゴキブリ書」(図)
  · スクープ露出:法輪功警告ベッドと蚊帳書(図)
  · 法輪功は、妻の命を奪った(図)
  · 法輪功は雇った人達が、お金を分ける原因で内輪もめが起きた(図)
  · 李承国は「死亡させられた」(写真付)
  · 法輪功は、娘を殺した
  · アメリカメディア:法輪功は、アメリカ情報機関に操られる
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind