中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
日本法輪功の骨幹肖辛力が病死(写真付き)
    
2016-09-05  kaiwind.com  筆者:厲潔 鐘谷    

ニュースによると、元日本大紀元の記者である肖辛力が2011年12月30日に病気でなくなった。年は43歳。この前の2009年7月20日に、彼女の夫、日本法輪功の骨幹、佐藤貢も49歳でなくなった。

 

肖辛力

1968年江蘇省射陽県のある普通な工人家庭に生まれた肖辛力(女性)は、1986年南京大学に入学し、1989年大卒して北京集郵出版社に入社したが、1995年日本へ留学に行った。日本に滞在していた間に、法輪功の最初の信者の一人になって、現地で積極的に法輪功の宣伝活動に取り込んでいた。

2005年、当時名古屋のある中学に務めていた佐藤貢と知り合い、翌年に結婚した二人は、ともに法輪功の練習をした。 肖辛力に法輪功のことを多く伝えられた佐藤貢もその後だんだん敬虔な信者になり、法輪功の練習に没頭していた。

 

佐藤貢

法輪功の教主・李洪志の話によると、法輪功を練習さえすれば、いわゆる「浄白体」状態に入ることができる。そうすると、病気もかからなければ、衰えもしない、つまり、命が永遠に不滅になるという。「三体合一」(ミルク状純白体+浄白体+仏体)の「宇宙主仏体」としての李洪志は、法輪功を練習すれば、「体の百脈が全開し、体が完全に浄化される」から、普通の人間は「常人体」から次第に「ミルク状純白体」、そして「浄白体」ひいては「仏体」という「円満」な境界へ進化できると宣伝した。肖辛力と佐藤貢のように「日々精進」をしていた法輪功幹部では、「仏体」になるべきだが、1959年生まれの佐藤貢はなくなった時は49歳、肖辛力は43歳だけだった。

可哀相なことに、佐藤貢が病気でなくなった後、肖辛力たちは「正念を発する」という方法で佐藤貢を7日後に復活しようとした。これは法輪功界でありうる「奇跡」だが、現実の世界では何の役にも立たなかった。肖辛力自分も二年後子宮内膜癌でなくなった。法輪功の「正念」で病気が治ること、李洪志の「法身」が加護してくれることを信じていた夫婦二人は死の直前にもまだ法輪功の集会パレードを参加したのに。

 

0
  
 
 関連記事
  · 法輪功、混血児に謝るべき
  · 法輪功教義の矛盾20点
  · スモッグ自由自在操縦 法輪功自称
  · 彼女は悪魔をはらうために修行し、私はもう少しで息子を失うところだった
  · 「法輪」を見つけるために妻を殺し、「修行を通じ、天国に飛び上がれる」という馬鹿なことを後悔して自殺で謝罪した
  · 「法輪功」を練習し、夫を遅く治療するため、死亡になった
  · 法輪功に夢中になる陳紹剛は、息子を凍死した
  · スクープ露出:法輪功の種類は「虚一霊母」を変えた
  · 幻の大学入試の神迹を経験した
  · 法輪功は娘の夢の翼を折れた
  · 「円満」は、父を死亡に引きこむ(図)
  · 一本の棒は、私の半生を壊れた
  · 「円満」のため、子を連れて他界
  · 法輪功の移住者詐欺を参加したアメリカ弁護士は4ヶ月に監禁された
  · 初めて咲いた花蕾は、法輪功の魔の手で潰された
  · お婆さんのでたらめな経験:腫瘍を「法輪」と間違って見なす
  · 「法輪功」問題の社会的背景とその行方
  · ロシアの法輪功のボスを法廷に送られる
  · 驚いた!法輪功は雇った人が現場でお金を分ける(図)
  · スクープ露出:法輪功「警告蚊書」(図)
  · スクープ露出:法輪功「警告ゴキブリ書」(図)
  · スクープ露出:法輪功警告ベッドと蚊帳書(図)
  · 法輪功は、妻の命を奪った(図)
  · 法輪功は雇った人達が、お金を分ける原因で内輪もめが起きた(図)
  · 李承国は「死亡させられた」(写真付)
  · 法輪功は、娘を殺した
  · アメリカメディア:法輪功は、アメリカ情報機関に操られる
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind