中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
法輪功の血生臭い暴力・ウクライナ民衆は、あまりに刺激的、と叫ぶ
    
2017-01-10  kaiwind.com  筆者:グレゴリー・グロバ    

中心テーマ:グレゴリー・グロバはウクライナ全国記者連盟のメンバーであり、著名な反邪教専門家である。最近、彼は法輪功のウクライナにおける違法な血生臭い、暴力的なデマ宣伝を批判し、その行為は当地市民の心理面での健康に多くの危害を与えると指摘した。その全文は以下の通りである。 

720日、法輪功はウクライナで“タンク”と称する血生臭い宣伝活動を行なった。数年前、法輪功はこの種のおかしな方法で市民の注意を集めた。2008年、市政府内務管理部門は当市の高校及び首都の高校から学者を選定して専門家鑑定委員会を組織し、法輪功が公開の場で行なった死亡情景の展示に対応して、法輪功の疑わしい活動を禁止した。 

専門家の鑑定 

公共管理学博士、社会学副博士、ディニエポピトロフスク公共行政学院教授のH.A.リポフスカヤによる法輪功宣伝に対する鑑定の結論は以下の通りである。 

“このような展示(特にキエフで行なった写真展示―――心臓、腎臓その他器官の摘出展示)は市民に対し現実的な心理問題、例えば圧迫、恐怖、攻撃性、神経機能症などを引き起こし、特に未成年、児童、妊婦に対するマイナス面の影響は更に大きい。” 

“活動地点は交通の主要道路の付近で、公共交通或いは個人的往来をしていた人達を活動の実際の参加者とした。” 

“こうした活動に参加する選択権は個人にあるが、活動組織者は場所と時間を綿密に段取りして、行きかう人を招き寄せて間接的にその活動に参加させた。” 

医学副博士ショスタコビッチは『社会組織法輪功の信徒が公共の休憩場所で展示した視覚的材料に対する鑑定』にて、残酷刑、暴力、死体を表現した写真は宣伝意義だけではなく、暴力強化の傾向、攻撃への衝動、法制意識の欠如を含んでいる。この写真展示自体が暴力宣伝である、と指摘した。 

専門家の立場は明らかで、どのような暴力場面の展示も許されない、というのは暴力写真が意識及び潜在意識に与える影響は予測し難いからである。記者達もあるべき職業道徳のレベルにより、極端な題材を報道する時には血生臭さ、死体、暴力、虐待といった写真や細かい描写は公開を避ける。 

当然、我々も反対行動を取らなければならない、というのは強烈な刺激の情景は人の心理的防御機能や論理的思考を打ち破り、人の自然な生理反応機能を打ち破り、人の潜在意識に作用して、批判的思考を喪失させて絶えずマイナス面の情報を受け入れ、他人が有罪との思考を形成し、むやみに他人を指弾して人類に戦争を扇動するからである。歴史上こうした例は誰でも一つ二つは挙げられるであろう。 

“心理ショック状態”にある人達は指弾の発生源には興味を持たず、潜在する米中経済戦争や情報戦争及び“独立権利維持人士”の奥底まで探求するはずは無い。その内の一つは米国国家財政予算局の元雇員と“民主擁護基金”の仲間達であり、もう一つは頻繁に“中国脅威論”を発表するカナダの政客である。 

しかしこれらとウクライナは何か関係があるか?いわんやウクライナの“法輪功”信徒が何故米国で第343号反中国議案採択後間もなく積極的行動に出たのか?多分純粋に偶然の事に過ぎないのであろうが。 

政府の市民の訴えへの回答 

一つ問題が出現した、6年前に市政府により既に解決した問題が何故街頭で出現したのか?今年市民達が法輪功の“創作”に行き当たるのは最初の事ではない。20165月、法輪功は我が市で全ウクライナ討論会を挙行し、死亡情景の展示活動を行ない、その後市民は市政府長官に一連の告訴状を書いた。 

市政府は521日、第170号回答書簡にて“ディニエポピトロフスク都市委員会内政管理部門は市民からのディニエポピトロフスク社会組織法輪大法に対する告訴を審議し、職権の範囲内で当該組織に対してウクライナでの法律違反は許さない旨の警告を発した。”と回答した。 

しかし明らかに、“法輪功”メンバーは尋常ではない理由で市政府の警告を聞き流して法律の外で気ままに振る舞おうとしている。 

0
  
 
 関連記事
  · 如何にして老人の“法輪功”脱出を助けるか張徳志
  · “身体受益型”法輪功陶酔者の矯正を考える
  · 女性の法輪功陶酔者の“崇拝”心理を如何に 打破するかについての概説
  · 私は事実を以って盧女史の法輪功に固まった心を開いた
  · 私はどのように法輪功から呂さんを救ったか?
  · 法輪功がロシア連邦テレビ局に敗訴
  · 法輪功のWikipediaへの攻撃が挫折
  · 法輪功のせいで、目の前に夫が死亡(写真付き)
  · スクープ露出:法輪功警告ベッドと蚊帳書(図)
  · 法輪功は、妻の命を奪った(図)
  · 法輪功は雇った人達が、お金を分ける原因で内輪もめが起きた(図)
  · 李承国は「死亡させられた」(写真付)
  · 法輪功は、娘を殺した
  · アメリカメディア:法輪功は、アメリカ情報機関に操られる
  · 法輪功は娘の夢の翼を折れた
  · 幻の大学入試の神迹を経験した
  · スクープ露出:法輪功の種類は「虚一霊母」を変えた
  · 法輪功に夢中になる陳紹剛は、息子を凍死した
  · 「法輪功」を練習し、夫を遅く治療するため、死亡になった
  · 「法輪」を見つけるために妻を殺し、「修行を通じ、天国に飛び上がれる」という馬鹿なことを後悔して自殺で謝罪した
  · 彼女は悪魔をはらうために修行し、私はもう少しで息子を失うところだった
  · スモッグ自由自在操縦 法輪功自称
  · 法輪功教義の矛盾20点
  · 法輪功、混血児に謝るべき
  · 日本法輪功の骨幹肖辛力が病死(写真付き)
  · 梁先軍:法輪功が嘘の報道を捏造
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind