中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
韓国メディア:全能神は韓国で“愛神教会”に変身
    
2017-01-11  kaiwind.com  筆者:    

 

韓国の“宗教と真理”ウエブページは7月19日の報道で、中国邪教“全能神”は韓国で“愛神教会”に変身し。また江原道横城郡で不動産を購入して信徒が集団居住し、ここを拠点に布教を行なっている。このウエブページは公衆に対し、全能神は“愛神教会”の名称で活動を展開する、御注意を!と警告を発した。

報道は、中国邪教全能神(またの名を“全能神の教会”、“東方の稲妻”)は“愛神教会”に変身して活動を展開しており、注意を払わなければならない、と述べた。

邪教全能神は、“神の霊”は楊向彬という女性の身体に宿り、彼女を“女キリスト”と呼ぶ、と主張している。この組織の数百名の信徒が韓国に入国後に韓国国内で活動を展開している。彼らはビザ不要の済州島から入国し、偽装結婚などの手段で韓国に滞在している。

これだけではなく、彼らの内一部は韓国で土地や不動産を購入し、投資の名目で永久居留権を取得している。しかし大多数の朝鮮族信徒は不法滞在に属する。

一ケ月前、この邪教組織は江原道横城郡で”ウトバン青年旅舎”を購入し、信徒の集団居住と江原道での布教活動に使おうとしている。このウエブページは、江原道横城郡地区の住民は団結して対応すべきであり、、仮に事が大きくなると、必ず周辺住民と教会に害をなす、とアピールしている。

この邪教は中国で続けて家庭破壊、殺人、自殺、誘惑布教、財産献納といった事件の発端となり、社会の強い不満を招いた。韓国にいる大部分の朝鮮族信徒は、基本的に離婚後韓国に来ている。この組織は“2012年世界末日論”を宣伝しており、現在2012年は過ぎ去ったが、末日論の主張を継続している。

 

(注:写真は江原道横城郡の元”ウトバン青年旅舎”)

0
  
 
 関連記事
  · 白鳳霞は全能神に誘拐された
  · 娘二人とも「全能神」に誘拐
  · 全能神 狂気に満ちたカルト 中国発祥のキリスト教系異端について
  · もし家庭を崩したくなかったら、全能神を離れて
  · 彭雲:「木にパンがなる」はうそ
  · 山東の女子、全能神を信じった結果は、「性の人形」になる
  · スクープ露出:全能神『子女関係を断絶する書』(図)
  · 普通の人と全能神の戦争
  · 全能神の邪教は、何故私を首になってくれのか
  · 殴打・監禁は全能神の常套手段
  · 邪教全能神に警戒
  · 全能神の犯罪性が明らかになる
  · 韓国の宗教雑誌は、中国が「マクドナルド殺人事件」の主犯を判決されることを評価する
  · 門徒会邪教を如何に見分け、警戒するか
  · 邪教「全能神」の実態
  · 全能神 日本支部の場所は?メンバーや教義について
  · 全能神——中国版オーム真理教
  · 全能神は、私の良い近所さんに家と命を失わせる(図)
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind