中文 | BIG5 | Español | Français | Deutsch | Русский | 日本語 | 한국어 | English
Beijing Time:
 
モルドヴァが邪教法輪功を取締り
    
2017-12-28  kaiwind.com  筆者:厲潔 鄒娟    

 

 

 

モルドヴァの国章
 

 

【凱風ネット2017年2月14日報道、記者:厲潔、通信員:鄒娟】2016年12月21日、モルドヴァ共和国最高裁判所は最終審の判決を行ない、国内の法輪功組織を取り締った。この判決は2017年2月に発効する。

邪教法輪功は2012年隣国のルーマニアからモルドヴァに入り、2006年以来、法輪功は4回登記登録を企てたが、モルドヴァ政府に拒絶されたため、再三に渡って司法省に対する抗議活動及びその他の違法な公開活動を行なって来た。

モルドヴァ議員のエレナ・ハリノヴァは2013年法輪功を極端主義組織として認定し取り締まる訴訟を行ない、2014年勝訴した。しかし法輪功の控訴により、本件の審議は2016年12月まで引き延ばされた。

これより前、モルドヴァ共和国最高裁判所は2015年2月11日に地方の“法輪大法協会”及び“モルドヴァ法輪功気功協会”を取締る判決を出し、2016年10月7日に“法輪功の標識の使用禁止とそれの極端主義宣伝品リストへの掲載を維持する”原判決を出した。

情報では、最高裁判所の最終審判決後、モルドヴァ中国大使館前や首都中央公園といった公共の場所では法輪功の継続活動が見られなくなった。

 

モルドヴァ共和国は、欧州東南部に位置し、首都はキシニョフ、面積は33,800平方キロ、西隣はルーマニア、東はウクライナに接し、元ソ連邦の共和国、1991年独立、現在は独立国家共同体国のメンバーである。

 

0
  
 
 関連記事
  · 張水晶は修行マットで倒れた 年齢僅か33歳
  · 江西省の女性が携帯でIP録音を発信して邪教を宣伝し有罪に
  · 邪教が児童を殺害した13の事例(図)
  · 邪教犯罪に渉る新しい司法解釈の3つの特長
  · 女子大学生が邪教に陶酔して二度の家出
  · 長い長い妻を尋ねる路(図)
  · 科学的方法で凌雲信の邪教離脱を助ける(図)
  · 邪教による女性被害事件(写真付き)
  · 海道大学大学院文学研究科教授は《カルトからの回復》を出版し、アマゾン
  · 全能神の邪教は、何故私を首になってくれのか
  · 心理需要の視点から、信者が邪教に参加する原因を分析する
  · 女教師楊帆の邪教マインドコントロール体験
  · 女子教徒に性暴力を振るった邪教の教主たち
  · イスラエルの新措置 邪教に関する刑法修正案が可決
  · “門徒会”信仰の核心から邪教の本質を語る
  · 驚愕!赤峰門徒会信徒が母親の内臓を抉り出し
  · インドの一人の邪教教主は38人の妻と89人の子女を持つ(図)
  · “法輪功”が彼の脚を一本奪った
  · “両高”による邪教犯罪への新しい司法解釈
  · この“全能神”家庭は変な事ばかり
  · 邪教を信じるため、病院に行かなく、男はすねを切断された
 
 
jp@kaiwind.com  私達に関する
Copyright © Kaiwind