1994年以来、数十社のメディアは、法輪功メンバーに、様々な嫌がられた。その原因は、ただ、彼らと法輪功の違う観点を持っている。それに、皮肉なのは、法輪功が「言論の自由」を提唱し、法輪功の教義の一つは「忍」である。

前アメリカ市長:法輪功の中秋節活動に参加する事を拒否させるのを理解できる

アメリカマスコミ《新聞論壇》ネットによると、「中国協和園」の主催者は法輪功の年度中秋節活動参加資格をキャンセルしました。アメリカタコマ市前市長ビル・バスマは理解できると表します。 [MORE]
123

法輪功、ニューヨーク春節バレード参加に拒否された

2月6日、米国ニューヨーク中華街で盛大な春節バレードが行われた。事前法輪功チームもバレード参加に申し込まれたが、組織者側から法輪功には「潜在の安全と破壊問題」があると判断され、拒否された。 [MORE]
123
  • 2014年4月4日
    2014年4月4日

      対象:ウェリントン『故郷の言葉』新聞   事情:『「法論功」をはっきり見分ける、いわゆる「神韻の宴会」の真相』を掲載される。   結果:6月14日から、7月18日まで、新聞社に、不当な包囲攻撃された。そして、編集者に、電話をかけ、恐喝し、脅威してあげた。   

  • 2012年3月
    2012年3月

      対象:マレーシア華校取締役連合会総会   事情:総会議長葉新田は、法論功新紀元学院『オブザーバー』出版準証の申請書類の署名を拒否した。   結果:マレーシアの法論大法講習会は、抗議圧力を学生に扇動し、組織した。

  • 2011年10月4日
    2011年10月4日

      対象:カナダオタワに駐在したベトナム大使館   事情:2名ベトナム籍の法論功練習者は、不法に放送局を利用するため、ベトナム裁判所の裁判に受けた。   結果:カナダの法論功団体は、大使館の門前に抗議した。   

  • 2009年5月
    2009年5月

      対象:ヨーロッパ宗派研究と情報センター連合会   事情:FECRIS国際会議では、各国の邪教を反対する専門家が、法論功の社会危害性を討論する。   結果:法論功の練習者は、強いて、会議を参加した者の写真を取り、それに、心理の圧力を与えたがる。   

  • 2009年3月4日
    2009年3月4日

      対象:香港鳳凰衛星テレビ   事情:「震海、風景を聴く」という番組は、国内外の学者と宗教界人士を招待し、法論功の問題をインタビュー形式で分析する。   結果:法論功組織の驚きを引き起し、直ちに鳳凰衛星テレビの攻撃に展開し始めた。

  • 2008年11月23日
    2008年11月23日

      対象:ニュージーランドNew TalkZBテレビ局   事情:テレビの有名な司会のクル・ウッドカンムは、『ニュージーランドヘラルド』という新聞には、法論功がオークランドデモを参加しようとする卑劣な行為に輕蔑した。   結果:法論功のメンバーは、スローガンを持ち、テレビ局の外にチラシを配る。

  • 2008年2月6日
    2008年2月6日

      対象:アメリカ『ニューヨーク時刊』   事情:『見えられない中国文化の演出である』というニュース特集を発表した。   結果:法論功サイトには、次々と、『ニューヨーク時報』及び作者悪名高いを攻撃する十数篇文章を発表した…全然人間感情もないことである。

  • 2005年6月25日
    2005年6月25日

      対象:ウクライナ『各々自分の意見を述べる』という新聞   事情:『公園で散歩し、静かさもうなくなった』を掲載した。作者は、法論大法が公園に活動を組織することに対し、自分の見方を発表した。   結果:この新聞社の所在市の法論大法のリーダーは、『各々自分の意見を述べる』という新聞社に、起訴した。   裁判所は、起訴を却下する決定を判決した。

  • 2005年1月21日
    2005年1月21日

      対象:AP通信社   事情:『天安門に、集団的に焼身自殺者に対し、メディアの取材を受ける』、天安門に焼身自殺者案件の当事者の現状と法論功の反省を客観的に報道される。   結果:法論功メンバーは、AP通信社の本部に、デモを組織し、法論功のメディアが文章を発表し、AP通信社が「正真正銘のチンピラ」を称される。

  • 2003年12月
    2003年12月

      対象:オーストラリア『華人朝刊』   事情:中国の駐オーストラリア大使館は、法論功を責める声明に掲載された。   結果:法論功は「誹謗罪」で『華人朝刊』を起訴し、そのメデイアを利用し、大規模な『華人朝刊』及びスタッフを攻撃し、2006年4月5日に、裁判所:法論功が敗訴した。

  • 2001年11月3日
    2001年11月3日

      対象:カナダ『華僑時刊』   事情:元の法論功女学生の何兵は、自伝文章を掲載する。   結果:法論功は「誹謗」という訳で、『華僑時報』に起訴した。2005年12月7日、ケベック州の高法が法論功に敗訴された!

  • 1999年4月25日
    1999年4月25日

      1万人以上の法論功練習者は、組織的に中南海に囲まれ、矛先が直接に党中央、国務院に指す。   この不法の事件に、参与した法論功練習者は、事前に秘密の知らせを受ける:   「師匠の言う通りに、中南海に練習すれば、消業できる」   

  • 1999年4月11日
    1999年4月11日

      対象:天津教育学院   事情:院刊には、中国科学院院士の何サクキュウ(祚庥)の文章『私は靑少年が気功を練習することに認めない』を掲載され、文の中に、何先生の博士の生徒が、李洪志の言論に夢中になり、精神分裂病気になった事例を引用した。   結果:19-23日に、1万人以上の法論功練習者に包囲攻撃された。包囲攻撃する人数は一番多いである。   

  • 1999年1月7日
    1999年1月7日

      対象:瀋陽テレビ局   事情:『選択』というドラマの中に、悪役—腐敗と堕落のある省委員会の副書記が法論功を練習するシーンを放送された。   結果:11、12日に、法論功 は学院に包囲攻撃された。   

  • 1998年11月
    1998年11月

      対象:イギリス放送協会(BBC)   事情:記者のジェームズ・マイヤーズの報道によると、法論功が中国の「トップ邪教」を人たちに「集団自殺」させる。   結果:法論功はBBC総裁、イギリスBBC大使とイギリス首相に、別々に手紙を書き、BBCが謝罪を要求した。   

  • 1998年10月
    1998年10月

      対象:『新疆経済刊』   事情:『師匠が歩けば弟子も歩き、気功信者が多い;病気に痛くなり、誰が調べるか』を掲載される。   結果:法論功練習者に何回に包囲攻撃された。

  • 1998年7月6日
    1998年7月6日

      「経文」『根を掘り出す』の公表   「全国の各地には、新聞紙、テレビ局、テレビ放送局......我々法論功を破壊し......これは、軽視してはいけない人為的に法論功を破壊している......北京の法論功弟子が特別な方法を取り、法論功を破壊する人達に止め、間違いがないことである。」   ―李洪志「経文」『根を掘り出す』   

  • 1998年6月4日
    1998年6月4日

      対象:『健康要録刊』   事情:『齊魯夕刊』の『「法論功」をご覧ください、どういうことでしょう』に掲載された。   結果:8日―12日、新聞社は千名の法論功練習者に包囲攻撃された。でも、新聞社は絶対に誤らないと話した。   

  • 1998年6月1日、3日
    1998年6月1日、3日

      対象:『齊魯夕刊』   事情:『「法論功」をご覧ください、どういうことでしょう』などの5篇文章を掲載される。   結果:2000数名の法論功練習者に、非法に包囲攻撃された。   

  • 1998年5月24日
    1998年5月24日

      対象:北京のテレビ放送局   事情:番組の中に、法論功のシーンを放送した原因に、大量の法論功練習者に包囲攻撃された。   結果:テレビ局は正常に働けなく、番組の制作者の李波がしかたなく解職させられた。   

  • 1996年6月17日
    1996年6月17日

      『光明朝刊』は『偽科学に反対する警鐘が鳴り続けるべきだ―「転法論」という本から、引き出した話題である』、その後で、この新聞社は、信者の900数通の包囲攻撃の手紙を受取れた。李洪志はわざわざ「大暴露」という文章を書いた、その中に、「何を怖いか、頭を無くしても、体まだ座禅を組めるよ」などの扇動する言葉を使いた。   

法論功に迷惑をかけされた人達 More

何サクキュウ(祚庥)が法論功...

当時に、北京テレビ局の『北京特急』という番組は、私に取材する時... [MORE]

法論功メデイアは『ニューヨー...

2008年2月に、中国の旧暦の大晦日であり、『ニューヨーク時刊』は大... [MORE]

ウエトデイリーニュース:法論...

2007年12月29日に、アメリカの『ウエトデイリーニュース』は、法論... [MORE]

ニュージーランド法論功はメデ...

ニュージーランドの「ニュース専用線」というサイト(Newswire.co.n... [MORE]
002.png

自分で見聞した「斉魯晩報社攻...

1998年4月、『斉魯晩報』は『法輪功の真相を見破ろう』と題する論評... [MORE]

李洪志の画策指揮による「4•25...

1999年4月25日、北京、天津などから来た法輪功学習者が中南海の周囲... [MORE]
批判を聞けない法論功 More

法輪功、ニューヨーク春節...

2月6日、米国ニューヨーク中華街で盛大... [More]
001.png

ドイツ有名な人体解剖学者...

ドイツ有名な人体解剖学者のギュンター... [More]

ケビン・フィッシャー:法...

2010年7月14日、現地におけるイスラム教... [More]
 
 
kaiwinds@gmail.com
Copyright © Kaiwind