ホーム  >  谣言与真相  >  法轮功制造的种种谣言

「中国火葬炉解明」ダイジェクト

2012-11-19 ソース:Kaiwind 作者:グレン・マクレガー
カナダ「オタワ公民報」2007年11月24日 作者グレン?マクレガー

病院は瀋陽の市内から車で30分間距離のところにある。瀋陽は700万人口を持った工業大都会である。賑やかな町にあることは他人の目を隠して2000人を殺すことは不可能である。もし本当に誰かは殺すための強制収容所を作ろうとしたら、もっといい場所に設置するはずである。例えば莫瑞瓦路に設置したらもっと隠しやすい。

私は取材した日、多くの病棟は患者さんは住んでいた。半身不随や血液病などの病気の治療を受けていた。病院から出した数人の総務スタッフと瀋陽病院から出した一人の産科医師と伴に病院を見学した。

病院はよく使った機械はCTとMRI、それに漢方薬の機械である。最も忙しいところは会計カウンター、数十人患者さんとその家族は並んでいる。

火葬炉とされた建物は、窓と入口は病院のメイン建物に向かった四合院にある。

病院のメイン建物は四面あり、その中に、三面は四合院に向いている。その中のいずれの病棟からボイラー室の入口がみえる。2000人分の死体を誰にも気付かずにボイラー室に搬入することは不可能だろう。患者さんは見えるし、町の向こう側にある七階たてのマンションに住んだ人も見える。彼らは四合院を丸見えるから。

同時にたくさんの死体を火葬することもほかの問題が起こされる。伝統的な火葬炉は燃焼温度が華氏1600度から華氏2000度ぐらいである。一人の死体を火葬するには、2,3時間がかかる。しかし、火葬されても、死体を粉にさせるわけでもない。ネバダ州のある火葬専門家マイテル?クパス氏は骨のかけらは「はっきり区別できる」と言った。

クパス氏は、たとえ火葬炉の炉内温度は普通より高いとしても、「ここは大腿骨、ここは足指、ここは骨盤、ここは頭骨だとわかる。」

「人間の体は非常に頑強なものだ」。死体の骨はこれで病院の火葬炉に粉にさせたのか?取材の日、病院のオペ室に、ちょうど足の手術をしていた。手術の合間、看護師長陳鳳(発音)は出て挨拶してくれた。わたしの目的を知ったら、すぐ不機嫌な顔になった。1989年からこの病院で働いてきた彼女に、当番のとき、犯人が殺されたのをみたことあるかと聞く瞬間、彼女に聞くと失礼だろうと思った。

通訳を通じて、陳さんは自分の怒りを示した:「あれは本当なことであれば、われわれは殺し屋になったんじゃ。笑わせるな。」言い終わって、彼女はマスクをつけて職場に戻った。

カナダに戻ってから、私はキルゴア氏とマタス氏に電話し、蘇家屯事件および彼らが見つかったことについて交流した。

病院についての争いは「大紀元時報」に載せた後、ある「迫害された法輪功真相連合調査団」という組織はキルゴア氏とマタス氏にこの件について、独立に証拠を調べてほしいと要求した。

しかし、キルゴア氏とマタス氏は蘇家屯へ行ってないし、中国のほかにも言ったことはないといった。中国政府は2006年5,6月ごろ、彼らの中国取材を要求を拒否したから。

2006年7月、キルゴア氏とマタス氏は1回目の報告書を発表した。「中国共産党は大規模で、強制的に法輪功学習者から臓器を摘出させられた。」と書いた。彼らは「アンニ」の話が信用できるが、彼女の証言は「彼女が言ったことと同じほかの証拠」に頼っている。マタス氏は、彼らの結論は「アンニ」が蘇家屯に対する話に基づいたわけではないと言った。

マタス氏は「アンニ」の話を聞いてから、独立調査を要求されたと言った。「アンニ」が話しの内容は作業に入ったのは、「前代未聞は話」だから。

しかし、「わたしたちは全部アンニに頼ってはいない」とマタスは言った。「われわれはすべての証拠を見てから結論を出した。」蘇家屯事件は本当に存在したと信じるかのを聞いたら、「証明できる関連記録はない。具体的なことはまた触れてない」とマタス氏は言った。

キルゴア氏はこの前、わたしが書いた文章について非常に怒った。電話通信の前の20分間、彼から「きもい記者」、「脳みそがない」に呼ばれた。大虐殺を否定したデイヴィッド?アーヴィングと一緒だと言われた。

「我々から見れば、貴方は実際にそうした。」「あなたは法輪功組織を目標

した大虐殺を否定した。」と言われた。Lucy?周――私が知った法輪功学習者――この文章を発表する前、私の編集者へ「オタワ公民報は昔1943年極権主義大虐殺を否定するらしい物語を発表したかどうか」という手紙を書いた。

この点についてはよく考えた。記者として、キルゴア氏とマタス氏の考え方を受け取ることは、表でのリスクは一つもない。どうせ中国は私を誹謗中傷罪で訴えないから。

キルゴア?マタス報告書の観念は永遠に証明できないが、徹底的に反駁もできない。法輪功とその支持者に疑うと、リスクは存在している。それは将来、万が一闇臓器移植の件が明らかになると、それは非常に恥ずかしいことである。キルゴア氏は言った通り、北京官庁媒体以外に、私は数少ない報告書を批判する人である。歴史は「21世紀大虐殺」の証拠をいつか見せてくれる。

キルゴアは、私はすでに「中華医学会」のお客さんとして中国に行ってきたので、私は中国に買収されたと付加えて言った。キルゴア?マタス報告書によると、キルゴア氏が言った33個証拠の中に、中国の死刑と臓器移植統計学分析も含まれたことが分かった。

一部分の電話記録は病院の職員は、法輪功学習者の臓器を使ったことを認めた(国会研究サービス機構はこの記録の信頼性について疑った。病院の幹部は、そんな敏感な話題を簡単に知らない人に言い出した理由を聞いたがっている)。キルゴア?マタス報告書には、臓器を購入した外国人にとって、ほかの国ですぐに臓器が購入できるのに対し、中国では長期間を待たされないといけないと書いた。

全部の人は前項証拠が強引だとは思っていない。33個証拠は報告書の「証拠、反駁証拠」という部分に書いた。全体からみれば、報告書は中国組織的な臓器ドナーシステムと腐敗問題は書いてない。

この報告書は中国政府がキルゴア?マタス一回目の報告書に対し、回答の証拠とみられる。最新版の中に、中国は「キルゴア?マタス報告書の結論と矛盾できない」と書いた。

キルゴア氏は言った「報告書には、33個証拠をまとめた。蘇家屯事件の証拠とアンニさんが私を説得した言葉も含めた」

キルゴアは上海のある病院に名前を教えてくれないアジア男性の話は印象深く残ったと言った。このアジア男性はあの病院へ、8人の腎移植相性をテストするために、二回も行った。

「彼は同意した時、8人は腎臓移植前に死んだ」「私はびっくりした」とキルゴア氏は言った。しかし、呉弘達は信じていない。呉氏は中国政府と違う政治観念を持ち、中国の刑務所に19年もいた。

呉氏より、中国共産党と中国人権を批判する記録が多い人はまれいない。

呉氏は現在、ワシントンの組織LRFを運営している。事業内容は死刑犯内臓が移植手術に使われたことを証明することである。

呉氏の専門は、頼れる情報の提供者として認められるし、個人の経歴で、中国政府の立場に立ったことを法輪功が言えない。

公開的に、法輪功学習者は臓器狩りで虐殺されたことを否定する少ない人には、呉氏はその中にいる。彼はこれが中国に対する控訴には明らかな証拠がないからだと言った。

呉氏と組織の研究者は死刑事件と臓器移植事件を追跡している。裁判記録、医学記録と目的者の証言で仕事をやっている。

「すべての事件は、たくさんの裁判官、検挙者、警察、運転手、看護婦と医者と関わっている。」呉氏は「オタワ公民報」に言った。中国政府はこの件を隠せようとしたが、証拠は手に入れた。

法輪功犯人に大量的に殺したことについて証拠はないと彼は言った。

「法輪功学習者は治安警察による殺したかもしれない。殺されたから臓器は摘出されたかもしれない。しかし、証拠はいったいどこにあるのか。」と呉氏は聞いた。

キルゴア氏の話によると、ワシントンで呉氏と会い、法輪功の遭遇を説得しようとした。

「彼は死刑犯問題の専門家だ」とキルゴア氏は言った。「しかし、法輪功犯人は取り調べをされず、判決をされず、ただ刑務所に連れられてから死亡したので、彼はそれに対し何もわからない」「彼はこれは本当なことを信じたくない。むしろ中国で臓器が摘出された人はみんな死刑者と信じたがっている。」

しかし、呉氏は懐疑な態度をしたいみたい。彼は、法輪功の言い方を受け取るなら、これは巨大なわなと信じなければならない。数千人はこれに対し沈黙している。「一人、二人、三人の声を隠せるが、すべての声は隠せるもんか。」

北京オリンピックまで一年間もないが、法輪功の怒りは絶えずに聞こえる。同時に、中国側の否定も常に聞こえる。

誰を信じるか。蘇家屯は中国の法輪功が秘密的に虐殺されたたくさんの場所の一つで、現在はきれいにした。あるいはただの血栓病を治療するボロボロの病院しかない。

誰を信じるか。キルゴア?マタス報告書は法輪功からの控訴に最も強い証拠であり、蘇家屯事件がそれを支えている。あるいはただ推測と結論を支えない誘導性の推理しかない。

呉氏にとって、後者は前者次第だ。

「蘇家屯事件は真実であることを確認できないなら、他の証拠をみせるから」

「蘇家屯事件を話さざるを得ない。これは一人、二人の法輪功学習者が殺された簡単な事件ではなく、数千人が殺された重大な事件だよ」と彼は言った。

「まずそれを証明してくれ」

中国共産党が法輪功学習者臓器を摘出した真相調査サイトには、キルゴア?マタス報告書が載せてある。中国政府はこれに対し、回答もある: www.chinaembassycanada.org/eng/xwdt/t265055.htm
分享到: